人気ブログランキング |
3月6日の後日談・・・・。
前回の日記で触れた3月6日(土)のこと。
就寝時に布団に入った直後、激痛と共に右肩が凍りついたように動かなくなりました。半年前にも寝違えて筋を痛めた同じ箇所。
一晩中痛みがとれず、肩も動かせず、昼間と比較できないほどに大変な思いをしました。原因はガス欠でゆっくりと歩いてる時にどうやら肩を冷やしてしまったらしい・・・・。
翌日になって少しは肩が動かせるようになったため、雨の中をハンドル握ってなじみの接骨院に行きました。
とりあえずマッサージとキネシオテーピング。ひょっとしたら、四十肩、五十肩に発展するかも?とか言われた。そうなったら、半年ぐらいはまともに肩を上げられないとか。
荒川まであと2週間、まずいな・・・。

と思いつつ、さらに2日続けて治療したところ、驚くほどの速さで回復。治療の基本は、患部に微弱な電気を流すこととキネシオテーピングでした。普段はあまり感じないテーピングの効果をいやというほど感じました。
そして5日後の木曜には10km程度のジョギングができるまでに動かせるようになりました。


ぽかぽか陽気の13日(土)、山へ行かれて苦労された方々もいたようですが・・・。この日は前回のリベンジということで、多摩湖自転車道の0km地点までの往復40kmを今回はしっかりと走ることができました。
途中でコンビニに2回ほど立ち寄り、水分の消費はペットを2本。チョコ(アルフォート)と一本満足バーを1個づつ補給。しっかりと朝食を取っても、これだけの補給は必要でした。前回がいかに無謀だったことか・・・・。

暑かったこともあり、ウェアリングは半袖Tシャツとハーフタイツ、C3fitゲーター。C3fitは10月のハセツネ以来の使用です。あの時は直前に引いた風邪で全身が発熱し、フクラハギの筋肉が落ちたことで走行中にずれ落ちてしまいました。
今回は走行中にずれることはありませんでした。購入時と比べると多少は締め付けが緩くなってましたけど、平地の40kmぐらいではまだ使用可能。でもそろそろ新しいのが欲しいところです。CW-Xのゲーターも出たことだし、コンプレッションギアも選択肢が増えてます。

シューズはGT2140-NY slimで初めて30km以上の長距離を走りました。ファーストインプレッションどおり踵のホールド性が抜群に良く、シューズ内で足がブレルことはなかったです。クッション性や重量から見て、フルよりもウルトラ系の超長距離には最適ですね。

今回はそれほどスピード練習的なものをしてませんので、週末の荒川では劇的なタイムの向上は望めないでしょう。昨年のタイムに少しでも近づきたいです。
by kurisuke64 | 2010-03-16 20:26 | ロード練習