出撃準備完了!
5月13日(日)
 納車されて1ヶ月が経過。走行距離は1000kmを越え、慣らし運転も終了し、1ヶ月点検も終わりました。そしてタイミング良く、1週間後の応援に間に合うことができました。
c0162277_151147.jpg

出走する皆さん及び、ボランティアでお手伝いされる方々、ぜひともこのイベントを成功させてください。
自分は、19日(土)に西富士中学校エイドにて応援する予定です。
皆さんの輝いた姿にお会いできることを楽しみにしております。
[PR]
# by kurisuke64 | 2012-05-13 15:06 | LEVIN / IMPREZA
レビューその5 運転してみての感想
レビュー5回目でようやく運転してみての感想を書きます。
まずはエンジンをスタートさせると、スバル車お約束のメーターがヒュイーンと目一杯に振り切れます。
c0162277_2213699.jpg
走る心をくすぐります。

エンジンパワーはレビンがハイオク仕様で排気量1.6リットル、160馬力、16.5kgf・mだったのが、インプレッサではレギュラー仕様で排気量2リットルのAWDで150馬力、20.0kgf・m。
最高出力は落ちるがトルクが太い。慣らし運転の段階なので3000rpm以上は滅多にまわさないが、1500〜2000rpmの実用回転域で必要十分な走りをしてくれる。中低速のトルクが相当に力強いです。

足回りについては、しなやかの一言。レビンがガチガチに固くて、路面のちょっとした段差もダイレクトに伝わってきた。それに対して、うまく振動を吸収してくれている。振動による負担が減りました。但し、レビン特有のタイヤが路面にがっちりと食い込む感触はさすがに無いですね。それでもコーナリング時の安定性はしっかりとしてます。

ステアリングも重すぎず、軽すぎずといったとこ。もっともレビンと比較したら、どんな車も軽くてしょうがないのが正直な印象ですけど。

シートはやや柔らかめ。7時間ぐらい運転してもそれほど疲れなかったのでいいんじゃないかな

前にも書いたけど、ドアミラーの大型化はやっぱりいいですね。ミニバンのような大きなミラーなので周りがよく見える。三角窓も斜め前方の死角を消してくれる。運転してて安心です。

取り回し性は、さすがに回転半径が0.5mも大きくなったので、狭い路地ではちょっと慣れが必要でした。しかし、直線的なボディ形状や、大型のドアミラーで後輪がみえるため、車両感覚を掴みやすくさほど問題にはならないです。

燃費はメーター表示で、街乗りで10〜11km、郊外の国道を走ると14kmぐらいまで伸びてます。4駆にしてはよく走ります。

今後、慣らし運転が終われば、本来の実力を堪能できるので、よりいっそうスバル車を楽しむことができるかと思います。


 
[PR]
# by kurisuke64 | 2012-04-26 23:01 | LEVIN / IMPREZA
機種変更
 携帯じゃないよ。音楽を聴く習慣を何十年ぶりかで復活させたiPod Shuffleでしたが、カーナビに接続ができないタイプだったので、やはりこの点が不便。悩んだ末にHARD OFFにて売却。
代わりにapple storeにてnanoの整備済み品をgetしました。iPodを接続して聞けるのは手軽でいいですね。
c0162277_143976.jpg
整備済み品ということなので、基本的には中古品。しかし初期不良等で返品されたものをバッテリーや外装を交換してるとのことで、見た目は新品と変わりません。Shuffleを売却したとき、HARDOFFにはnanoの中古があったけど、こちらの方が1年の保証もついてるし安心かなって。
[PR]
# by kurisuke64 | 2012-04-21 01:15 | 買い物
レビューその4 視界について
スバルの車作りで共感できる点の一つに、ドライバーの直接視界を重視していること。
スバルのサイトによると、ドライバーが前後左右のどのウインドゥからでも1m程度の高さの物がみえるように設計されているとのこと。
こういう文言を設計指針として取り入れて且つ、一般に告知してる会社のポリシーには大賛成です。

写真ではわかりにくいが、運転席に座ると特に前方視界がいいね。
c0162277_23492046.jpg
上記の写真にちょっと写ってるけど、Aピラー付け根部分には三角窓を設置し、ドアミラーを少し後ろにずらしたことで、斜め前方の死角が極端に低減。右左折時に歩行者や自転車の確認が容易。
レビンではAピラーが太く、付け根部分にドアミラーがあったため、斜め前方の視界が悪かった。(下の写真参照)
c0162277_23504696.jpg
それがインプレッサではこんな感じ。
c0162277_2352137.jpg
Aピラーの傾斜はレビンよりもきついけど、ピラーの径が細いんであんまり気にならない。
さらにはドアミラーも大型化してるので斜め後方視界もずいぶんと向上。周囲の状況を把握しやすい。
ただし、サイドウィンドウの下端が高めなのは今時の車なんで・・・まぁ仕方ないか。

後方視界を比べるとレビンは20年前の車らしく、充分な視界を確保してる。
c0162277_062412.jpg
インプレッサは
c0162277_091939.jpg
デザイン優先で視界を犠牲にしている車が多い中、今時の車にしては良い方らしい。真後ろ直下の死角を補うためにリアビューカメラを取り付けてあるので、問題はなし。

その他、ドアミラーにはヒータを内蔵してるので、悪天候時に曇ることが無いのは助かります。
ヘッドライトはHIDです。明るいですね。これまで夜間走行中に後続車がHIDのとき、あまりの明るさでこちらがライトを消灯しても言いぐらいじゃないかと思ったこともありました。
まるでナイトランに使用するハンドライトをGENTOS閃シリーズ150ルーメンに変更したときのようです(笑)。

続く
[PR]
# by kurisuke64 | 2012-04-17 00:33 | LEVIN / IMPREZA
レビューその3 20年の進化(続)
前回の続き

2−5)カーナビ(オーディオ)
 お待たせしました、世間一般に10年ぐらい遅れてしまいましたが、我が家もようやくカーナビを導入です。
装備の点で見た目ではここが一番進化しているポイントです。
c0162277_20165913.jpg
これまではFM/AM、カセットプレーヤーのみだった。つまりカーナビはおろかCDすら聞けなかった。それで困らなかったので、特に問題な無かったんだけど・・・・。
c0162277_20153629.jpg
LEVINを購入した当時は、カセットからCDへ主役の座が交代しかけた頃だったんで、まだまだカセットで用が足りると思い、CDプレーヤーは選択しなかった。カーナビに至っては一部のマニアのみにとどまってた。

それが20年たった今ではカーナビの装備は当たり前。音楽も形態が変化しMP3等の電子ファイルを持ち出して聞く時代。
地図を見ることに関しては、A4サイズや昭文社のB4サイズマップル(見開きにすると新聞紙1ページの大きさ、これは非常に便利だった)のロードマップ見るほうが一覧性の観点から絶対に便利と思い、カーナビの必要性をまったくと言って良いほど感じなかった。が、ここ数年でマップの文字が見づらくなってきたことも勘案し、今回ようやくカーナビの導入を決定。

第一印象はちょっとしたパソコンが搭載されているって感じ。HDDが60Gあり、DVDやフルセグまで視聴可能。SDカードスロットを装備し、そこから写真を表示させたり、MP3形式の音楽ファイルをHDDに転送できる。もちろんCDをHDDへ読み込ませることも可能。またiPhoneやiPodとの連携もできる。
さらにリアビューカメラ(CCDタイプ)が手ごろな値段になったため装着。バックの映像をモニター上へ投影でき、ぎりぎりまで幅寄せが可能となった。
やっと時代に追いついたね。
c0162277_20323045.jpg


ここまではまるでデジタル家電の説明しているみたい。いまどきの車には当たり前の装備だが、20年の進化が明確に現れている点。ユーザーインターフェイスが、家電製品の操作に近づいているようだ。
だだし、これらはランニング時にスントやガーミン等の心拍計をつけるかどうか、iPodで音楽を聴きながら走るかどうかの違いに似ており、あくまであると便利なものというレベル。でも一度使うとやめられないものばかり。

次回からやっと車のレビューに入ります。
[PR]
# by kurisuke64 | 2012-04-15 20:39 | LEVIN / IMPREZA