<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2014 年ハセツネ
2014年10月12〜13日
7回目の挑戦となった2014年のハセツネは第一関門にて終了。
2010年にゴールゲートをくぐって以来、これで4年もゴートから遠ざかってしまった。通算成績は3勝4敗。しかしながら完走した3回はというと、これらは必ずしも納得のいくレース展開だったとは言いがたい。

ここで過去7回の結果を振り返ってみる。
①2007年 14時間01分
 この年は大会数日前に友人から連絡があり、急遽参戦。9月に数回に分けてコースを走破していたので、途中で歩いたり休んだりしながらではあったが、特に大きなトラブル無く完走できた。

②2008年 12時間11分
 シーズン当初よりサブ12 を狙うという目標を掲げ、試走は7回、約4.5周を走る。もちろん周回も実施し、13時間11分を記録。
本番では、第一関門3時間30分、三頭山5時間59分、日の出山10時間30分と完璧なサブ12ペースを維持するも、金比羅尾根にてまさかのハンガーノックを起こし、目標達成を逃す。
kegさんのブログにてこのときのペース配分が「シミュレーションタイムと実践ランナーとの比較」ということで取り上げられた。

③2009年 市道山分岐にてリタイア
 この年はサブ12が目標ではなく、最低限のノルマということで臨んだ。
試走回数は前年とほぼ同程度の7回、約4.5周分。周回タイムはやや遅く14時間01分。ただし三頭山までの最速タイムが5時間31分(本番2週間前の最終試走)であったため、サブ11が射程圏に入った。
 ところがその直後、38度を越える高熱が出て一晩中苦しみ、翌日は病院で処方されたロキソニンの強烈な副作用で内蔵をやられてしまい、その夜は一晩中トイレと布団の往復を繰り返し。ゲッソリとやつれてしまった。
 本番では今熊神社へは20分弱で到達するもその後に走る事ができなくなった。気がついたらふくらはぎに装着したC3fitのゲータがずり落ちていた。体重が落ちていたのはわかっていたが、必要な筋肉まで減少していたのか・・。

④2010年 15時間03分 
 前年がある意味モチベーションと走力のピークだったためか、停滞気味のシーズンであった。それでも恒例となった周回試走でのタイムは13時間50分。
ならば12〜13時間ぐらいで完走できるかと思い、第一関門には3時間43分、三頭山には6時間38分で到着。ピークだった前年ほどではないが13時間前後で行けるだろうと確信した。
しかしながら第2関門以後に内蔵の変調をきたし、御前山避難小屋、大岳神社、第3関門それぞれでトイレに駆け込む状態。最後の金比羅尾根は走る事ができずにゆっくりと早歩きで進み2時間以上かけてようやくゴール。
9月に猛暑の中をのんびりと周回したタイムよりも大幅に遅れての完走でした。
この年の夏から長時間走ると内蔵をやられやすくなり、奥武蔵でも同様な症状でタイムが下降を始めて行きました。

⑤2011年 第2関門でリタイア
 この年も気持ちや体力がさらに低下。過去3年間の恒例行事だった周回試走も行わず。まともに走れる訳が無い。
第一関門は4時間23分、この年から初めて浅間峠到着以前にヘッドランプを使用するようになった。三頭山には8時間7分、その後内蔵にダメージを受けたため鞘口峠で下りてトイレに行く。コースに戻り再スタートしたが予想外にダメージが大きく第2関門まで1時間以上かけてたどり着きリタイアを宣言。

⑥2012年 第2関門でリタイア
 試走回数は前年よりもさらに少なく、もはやタイムよりも完走目標で臨む。
しかし現実はそう甘くなく、トレイルでの長時間の行動、気温の変化に体がついていけず、前年のように三頭山過ぎに胃腸をやられ第2関門でリタイア宣言。
2年連続のリタイアだったため翌年はエントリーを見合わせる事となった。

⑦2014年 第一関門にてリタイア
 1年間のブランクを経てようやくモチベーションが復活して来た。コースに入っての試走もピークの2009年ほどではないが繰り返し実施、9月下旬には三頭山までのタイムが6時間20分以内を2回記録。 最後に完走した2010年のレベルぐらいに近づいてきたと思い、サブ13を目標とした。
 だが、ふたを開けてみると入山峠までは1時間ジャストで通過したものの、その後は徐々にペースダウン。市道山分岐には1時間58分で通過したにも関わらず醍醐丸に2時間49分で到着。ここで完全にへばってしまい地面に腰を下ろしてしばし休憩。リアイアを考え始めた。スタートから序盤のペースが速かったためと思われる??まだまだスタミナが戻ってなかったのかな?
醍醐丸からは所々で立ち止まり休憩を入れながら早歩きモードになる。下りで足が踏ん張れずに、グキッとひねってしまったこともあり第一関門には4時間45分で到着。残念だがここでリタイアを宣言。
状態が上向きだった中での途中離脱は非常に残念だった。が、スタート時に少しペースが速かったぐらいでつぶれてしまうようでは長時間のトレイルでの行動に耐えうるだけのスタミナが戻ってない。  ということか。
[PR]
by kurisuke64 | 2014-10-16 01:25 | ハセツネ