<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ようやくキックオフ
6月27日(日)
ここにきてようやくハセツネルートのキックオフをやって来ました。
ルートは五日市駅から浅間峠まで。
7時30分にnaoさんとスタートするも、小雨がぱらつき湿度が高い悪条件下でお互いにあまり調子が出ず。
予定では都民の森まで行くつもりでしたが、浅間峠で下山。その後はバスの時間がずれてたので、時間調整のため五日市方面へロードを8kmぐらい走りました。
結局走行距離は34km。浅間峠までは3時間50分。相変らず今年度はトレイルでの調子が良くないです。

今日は、先日入手したサロモンXAPRO5を試しました。第一印象通り、捻じれ等に対する安定性がかなり高かったです。屈曲性もあり、ロードを走っても特に問題なし。
ただし軽量ではないので、今回はトレイル上りでのシューズの重さがちょっと気になりました。調子のいい時は気にならないでしょうけど、今年は特にトレイルの登りで足が終わってしまうことが多いので、登山靴を履いて登ってるような感じでした。
しかしその分、下りは安心して走る事が出来ました。

さて、来週からはいよいよ奥武蔵モード。といっても7月の第1週末から第3週末の3回のみ。こちらも今年は長い距離をあまり走ってないので、どこまで例年通りの調子を取り戻せるかと言ったところです。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-06-27 21:34 | ハセツネ
サロモンシューズ再び!(増補版)
本日、某友人の御好意によりサロモンのトレイルシューズを活用させていただくことになりました (^_^)
そのシューズは今シーズンの新規モデルである「XAPRO5」です。あのXAPRO 3D ULTRAのハイグレード版とでもいうもの。
通常サイズよりも1サイズ下げて使用したけど合わなかったらしいので、良かったらどうですか?との提案でした。

どうもありがとうございます。もともとサロモンのシューズは足に合ってましたし、2年前は1年間活躍してくれました。その後、フィッティング上の理由により選択肢から外れてましたが、このモデルではその問題が解決したみたいです。

2年前に使用したXA PRO XCR(左)と今回のXA PRO 5(右)を比較して見ましょう。
c0162277_2245157.jpg

・外観上の違い
 外観からわかるようにラストの形状が変わってます。旧モデルはセミカーブラスト。土踏まずの部分が絞られており、一旦広がってつま先部分で絞り込まれる典型的な欧米人向けのラスト。
一方、新モデルはストレートラスト。全体的に細めであり、つま先部分はカーブが弱くややスクエアなタイプ。カーブが弱い分、小指の圧迫がなく、最近のトレイルシューズに見かけられるトゥーボックスゆっためな作りです。
・足入れ感
 旧モデルは、かかと部分から土踏まずにかけてはタイトな感じ。それ以外は比較的ゆったりでした。
新モデルではつま先を除いて全体的にタイトフィット。かかとのホールド性が良いのは従来どおりですが、紐を締めると足全体が左右からグッと包み込まれるような感じを受けました。
この点が旧モデルとの大きな相違点でしょう。左右に足がぶれる事は皆無でしょうね。
・機能性
 軽量モデルではありません。365gです。マインドベンダー(327g)、ラプター(325g)よりも重いです。
しかし、がっちりとしている分、それなりに剛性があり捻じれる事はないでしょう。
クッション性も抜群で安定してトレイルを走行できると思います。

結論として、長時間、長距離のトレイル走行に適しているモデルだと思います。

先の述べたフィッティング上の問題とは、08年のモデルからつま先のガートががっちりとしたため、親指がかなり窮屈になりました。この理由でしばらくシューズの選択肢から外れてました。
しかしながら、トレイルシューズの昨今の傾向でゆったりめな作りが流行してます。先日購入したバスクでは、あまりにゆったりし過ぎたため1サイズ下げる選択をしました。
サロモンではトゥーボックスがゆったりとしたお陰で親指の窮屈さが解消されたみたいです。流行がいい方向に作用したみたいです。

(追記)
XAPRO5に関しては以下のサイトでもレポートしておりました。
・トレイルランナー.jp
・Tomo2010さんの使用レポ
どちらのレポでも第一印象では0.5cm大きいみたいだと言っております。
その理由はもちろんトゥーボックスの広さにあるのではと考えられます。しかしながら、通常のサイズでまったく問題ないと思います。足幅の狭い人からやや幅広の人まで広範囲に対応できるタイトフィットのシューズであろう・・・・と言えますので。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-06-13 22:13 | シューズ等ギア類
耐暑練習
今日12日(土)は暑かったですね。理由あって、昼過ぎの一番暑い時間帯に狭山湖経由多摩湖自転車道を走りました。32km程度だったんですけど、あまりの暑さに途中で休憩取りながら、水分を補給しながらだったので3時間以上かかっちゃいました。こんな時はやはりトレイルとか奥武蔵グリーンラインのようなちょっと標高が高いとこのほうがいいな・・・・・。

6月に入って長距離のトレイル練習が今だ出来ず。というか4月以降、今期はどうも長距離の走り込みが不足してます。
昨年の同時期(6月)をふり返って見ると、ハセツネキックオフで浅間峠からゴールまでを1回やってるし、谷川岳馬蹄形ツアーやりましたね、アレは楽しかった。奥武蔵UMは刈場坂往復と大野峠往復をそれぞれ1回ずつ。しっかりと走りこんでました。客観的に見ても今年は調整の進捗が遅れ気味。
残された時間はあと1.5ヶ月と3.5ヶ月。それぞれのスタートラインに立つ時、これだけのことはやってきたと納得して言える状態で臨みたいです。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-06-12 22:30 | ロード練習
6月ですね
 6月に入りました。
・・・・・・と言えば、例の件はいろいろと大変だったみたいです。なにしろ1.5Hrで関門が閉じられたとのこと(アートのトレランブログより)。優先エントリーしておいて良かったです。とても会社でやれる状態ではなかったので・・・・・・。

さて、そうこうしているうちに残された時間もそれ程多くありません。カウントダウンをしてみると

第17回夏の祭典まで 週末があと8回
第18回秋の本戦まで 週末があと18回  やってきます。

今月は長時間のトレイル走行練習を本戦のコースで行う予定。
たぶんスタート~都民の森または浅間峠~ゴールまでの区間。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-06-02 01:41 | ハセツネ
5月のまとめ
まずは昨日5月30日(日)に参加した東京ロゲについて。
主催の小虫さん、コース設計のagohigeさん、お手伝いのpancakeさん、いろいろとありがとうございました。特にagohigeさんにはスタート&ゴール&待機&アフターの場所を提供いただき、遅くまでお世話になりました。

チームくりすけは見事に7位で入賞しました。naoさん、sasashinさんお疲れ様&ありがとうございました。またよろしくお願いします。

さて、今月は走行距離246.6km。
内訳は
(奥武蔵ロード練習)
        1日(土) 鎌北湖~刈場坂峠 45.4km
       15日(土) 鎌北湖~猿岩分岐 29.8km
       29日(土) 鎌北湖~顔振峠 23.4km
(平日ナイトラン)
       21日(金)7km 28日(金)7km
(トレイルラン)
       5日(水・祝)名栗 27km
       9日(日)芦ヶ久保~吾野 18km
      16日(日)宮沢湖 25km
      22日(土)東吾野~横瀬 34km
(ロゲ)
      30日(日)東京ロゲ 約30km

今月からは極力平地を走らず、トレイルか奥武蔵のロード練習中心に切り替え。
ただし、一度に走る距離・走行時間がさほど長くなかったので、今後は月一ぐらいで7~10時間前後のロングを一本ぐらいづつ入れて行きたい。ハセツネコースで言えば、浅間峠~ゴールもしくは周回。

月間走行距離からすると250km前後と言うのは少ない距離ではないが、決して多い方ではない。できれば300km前後ぐらいまで走りたいところです。   
[PR]
by kurisuke64 | 2010-06-01 00:26 | その他