「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
いよいよ奥武蔵モードに突入です。
ミ★
c0162277_23292676.jpg

 28日(日)は鎌北湖~大野峠の往復48.3kmを5時間5分で走ってきました。いままでは5時間20分ぐらいかかってたところです。2週間前の刈場坂往復時もそうでしたが、今年は試走時のペースをかなり上げて走ってます。昨年まではある程度抑え気味に走ってましたが、このところあまり気にしないで飛ばして行っても、後半でペースが落ちることが無くなってきたようです。気象条件についても、前日の土曜日は暑かったけど日曜日はくもりで気温もさほど上がらず走りやすかったです。消費した水分も持参した2リットルをちょうど使いきり、途中の補給は必要ありませんでした。

レースが迫ってきたせいか、試走ランナーの数も増えてきており、奥武蔵グリーンラインも賑わいを見せておりました。

これからはしばらく奥武蔵通いが続きます。さしあたって次回5日(日)は折り返し点までの往復、12日(日)は代々木RCの奥武蔵練習会で武蔵横手から武甲の湯までのワンウェーの予定→詳細はこちらを参照

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 4回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 14回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-30 23:55 | 奥武蔵
かげマルッさん提供!谷川馬蹄形ツアー(続編)
ミ★
えっ~と前回は白毛門までの話でしたよね。ここから先はすごい景色の連続!走っている自分の左右を流れる雄大な谷川連峰って感じです。
c0162277_18543785.jpg
かげさんのバックにあるような雄大な風景が広がってます。

さて、白毛門(1720m)を過ぎると笠ヶ岳(1852m)を越えて標高2000mに迫る朝日岳(1900+α)にたどり着きました。
c0162277_18584244.jpg
その後は清水峠(1440m)までの下り。しかしこのトレイルが非常に走りづらい・・・・・・・。
なんとか清水峠に近づくと
c0162277_1904021.jpg
いい感じの景色が広がってました(写真提供Agiさん)。手前が避難小屋、奥が東電の監視小屋です。ここでちょっと小休止。

そしてちょっとキツメの上りを進むとしばらくして七つ小屋山(1675m)に到着。ここでは有人の山小屋があり、ビール等飲み物を売ってました。若干名はアルコールを注入した方々もおりました。自分は越冬コカコーラを入手(笑)。ホンとに一冬過ごしたのでしょうか?
ここではゆぅさんの提供により、チーズフォンデュをいただきました。トレイル中に豪華な食事、どうもありがとうございました。写真等はかげさんのブログを見てください。ここでは1時間ぐらい休憩してしまいました(汗)。

その後は蓮峠(1529m)、武能岳(1760m)、茂倉岳(1978m)を越えて一の倉岳(1974m)へ。
途中こんなところを通過しました。
c0162277_19123331.jpg
ふり返ると絶景が・・・・・。
c0162277_19142421.jpg
さらにこんなところもありました。
c0162277_19153597.jpg
この雪解け水が谷川岳の源流となり利根川とかの水源になっているのでしょう。
谷川岳(1977m)を越えるとあとは下りのみ。肩の小屋に到着すると、ここは有人の山小屋になってました。94年ぐらいに来た時はまだ無人でした。

そして最後は天神平からロープウェー直下のゲレンデを下り無事にゴール。
11時間弱の長旅でした。

帰りは谷川温泉、湯テルメ谷川(550円)に入り、疲れを癒しました。露天風呂よかったです。
かげさん、いろいろとありがとうございました。ゆぅさん御馳走様です、さぞかし荷物が重かったでしょう。車を出してみんなを乗せてくれたかげさん、Tomoさん、suuさんお疲れ様でした。なべさん、あんさん、ランブラーさん、junさん、Agiさん、リキさん、大変お疲れ様でした。気の合う仲間と一緒で非常に楽しかったです。
写真は例によって皆さんのアルバムから拝借いたしました、ありがとうございます。
またどこかのトレイルに行きましょう。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-28 19:29 | トレイル
ぐるっと谷川馬蹄形ツアー
ミ★
c0162277_23494922.jpg
6月20日(土)はかげさん企画の谷川岳練習会に行って来ました。
今回はいつもと少しだけ趣が異なっており、どちらかと言うとトレランによる山旅と言った雰囲気のものでした。・・・とはいうものの標高2000m付近をぐるっと一回りするコースで且つ、普通のハイカーならテントを背負って1泊2日するようなところを11時間弱で走破してきました。従って、今週はなかなか疲労が抜け切らず、ちょっと大変な1週間でありました。

当日はかげマルッさんに朝4時に最寄駅にてピックアップしてもらい、谷川岳ロープウェー駐車場を目指します。
総勢11名の物好きが6時には遅れずに集合。かげさんを除く10名がある意図により2チームに分かれます。こちらはチームゆぅの面々。
c0162277_015573.jpg
もう一つはチームsuu。
c0162277_033313.jpg
そして今回の山旅を企画したかげさん
c0162277_05393.jpg
から簡単な注意事項と説明を受け、いよいよスタート。

最初は車道を下り、土合橋を渡ってすぐ左に入ったところに駐車場があり、その先に登山道の入り口がありました。  トレイルヘッドの看板
c0162277_0134120.jpg

まずは標高1720mの白毛門までずっと上り。途中はあまり視界が良くなく結構大変です。ナカナカ走れません。
c0162277_0172122.jpg
ランブラーさんはこの日のために用意した魔法の杖をさっそく働かせておりました(^O^)。

途中に鎖場が何ヶ所かありました、どうもこういうところではあえて鎖を使わずに上ってしまいます。
c0162277_0292039.jpg
白毛門付近を通過すると、360℃のパノラマが堪能できました。いつも走ってる場所では決して見られない光景~\(^-^)/。
c0162277_0342735.jpg
こんな景色が自分の左右を流れていく・・・・・・、何ともったいない!

今日は眠いのでここまで。尚、写真は参加した皆さんのアルバムから適当に拝借いたしました。

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 5回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 15回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-26 00:43 | トレイル
谷川岳馬蹄形を走ってきました。
ミ★c0162277_982552.jpg6月20日(土)は、某練習会にて表記のコースを10時間50分ぐらいかけて1周してきました。
詳細はまた後ほど・・・・・・・・・・・。おそらく参加者の各ブログにて、楽しい記事が先にupされると思いますので、しばらくはそちらを御参照ください(笑)。


8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 5回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 15回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-21 09:06 | トレイル
やはり無くなってました・・・・・・・・りんどう茶屋
ミ★c0162277_7575773.jpg刈場坂峠の茶屋跡です。

昨日(14日)に久しぶりに鎌北湖~刈場坂峠の往復をしました。その際に折り返し点で跡地を確認してきました。
3月末のレクロゲにてこのあたりまで行った友人知人から話は聞いてましたが、実際にこの目で見たのは今回が初めて。
昨日はあまり気温が上がらなかったから良かったんですが、これから暑くなるとこの補給ポイントが無いとかなり大変です。高山不動の自販機(売り切れている場合もある)を最後にして大野峠や折り返し点まで行く際は、携帯する水分に注意しなければなりませんね。

試走タイム等はまた後日。

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 6回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 16回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-15 08:11 | 奥武蔵
そろそろ奥武蔵に行かないと・・・・。
ミ★
 今週末の日曜(14日)は当初、スタートから三頭山までをやるつもりでしたが、予定を変更して奥武蔵グリーンラインへ行って来ようと考えてます。
4、5月の過去2ヶ月は3つのトレイルレース(青梅高水、30k、名栗U字)に出た為、ほとんどがトレイル中心の練習でした(ロードの長距離は妄想野辺山鍛錬の1回のみ)。
先週はハセツネのキックオフもやったことだしし、そろそろこの辺りで気分転換も含めてオクムモードに切り替えていってもいいかな・・・・。

奥武蔵グリーンラインは、自分にとって長距離耐久系レースへ入るきっかけとなったコースであり、言って見れば原点のようなもの。2年前に初めて足を踏み入れて以来、その魅力に引き込まれて何度も通ってます。
ここ最近はちょっと御無沙汰してましたので、久し振りに初心に戻ったつもりでアノ激坂の繰り返しを味わいに行ってきます。

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 7回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 17回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-12 00:13 | 奥武蔵
まずまずの試走結果。
ミ★
今日は予定通り、浅間峠~五日市会館までの48.84kmを走ってきました。
タイムは7時間25分48秒とこれまでで最速。昨年玉砕してしまった日の出山からの金比羅尾根の下りでも58分33秒とこちらもPBを更新。キックオフとしてはまずまずの成果を上げる事が出来ました。

今回の試走ポイントはどうだったかと言うと
・三頭山や御前山の登りの辛さを久し振りに経験する。
→久し振りはやはりキツイ。先週の疲れが抜け切って無かったせいか、上りがまともに走れなかった。鞘口峠を過ぎてから調子が悪くなり、月夜見山のベンチに座りながらリタイアも考えた。
・足場の悪い大岳山の下りで安定感のある走りをする。
→下りのテクが昨年と比較して身に付いて来たためか、大ダワや大岳の下りはこれまでに無いほど安定して走れた。
・金比羅尾根を気持ち良く下る。
→上述した通りの結果。案外、疲れていても下りはスパートがかけられました。

区間タイム
浅間峠~西原峠(1時間17分41秒)
西原峠~三頭山(44分47秒)
三頭山~鞘口峠(19分23秒)
鞘口峠~第2関門(46分48秒)←この区間で具合が悪くなり、試走に来た事を後悔。
休憩(6分08秒)
第2関門~御前山(59分25秒)←無理にペースを上げず、ゆっくりと上る事に徹した。
休憩(2分40秒)
御前山~大ダワ(29分51秒)←この区間で調子が戻る
休憩(2分26秒)
大ダワ~大岳山(38分25秒)
大岳山~第3関門(30分36秒)
第3関門~日の出山(25分25秒)
休憩(3分34秒)
日の出山~ゴール(58分33秒) 

水は2.5リットル持って行き、御岳の手前で完全消費。湧き水を1リットル+参道の商店で500mlのコーラを購入。都合4リットルでした。

補足
・ちゃんぽんさん、全区間走っちゃったそうです。お疲れ様でした。途中で追い着かれるかと思いましたが、何とか逃げ切り成功。
・五日市からの同じバスに乗り合わせた方と一緒に走りました。どうもありがとうございました。
c0162277_23245659.jpg
       (スタート前、浅間峠にて)

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 7回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 17回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-07 23:05 | ハセツネ
週末はいよいよキックオフです。
ミ★
今週末の日曜日は天候も回復し、気持ちの良い試走日和になりそうですね。
予定通り、浅間峠~本部ゴールまでの48.84kmをやってきます。思えば4月の30kでその一部を逆走しましたが、醍醐丸以後のコースを走るのは昨年の本戦以来8ヶ月ぶりになります。
コースの状態をチェックしたり、感覚を思い出したりしながら、あまり飛ばさずに行こうと思います。
ポイントは
・三頭山や御前山の登りの辛さを久し振りに経験する。
・足場の悪い大岳山の下りで安定感のある走りをする。
・金比羅尾根を気持ち良く下る。

所用時間は8~8.5Hrぐらいかな。浅間峠スタートが9時前ぐらいだからゴール目標は17時前後というところ。

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 8回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 18回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-05 21:34 | ハセツネ
応援ありがとうございました!名栗U字連山(増補版)
c0162277_23265445.jpg
昨日は取り急ぎ結果のみ報告。今日は区間タイムその他所感について・・・。

ふり返って見ると、日曜日のレースは友人知人がスタッフ並びに応援に駆けつけてくれたり(毎度おなじみの姿での女将さんとか応援ランのリキさん)、信じられないような方々がエイドに回っていたとか・・・・参加する側としてはかなり贅沢なレースだったのではないかなっと思ったりする。ましてや標高1000m近い山の上に何ヶ所かエイドを設営してくれたりして、スポーツエイドならではと言ったところでした。
ちなみにこの人達は今回エイドに回ってくれました。
c0162277_035953.jpg
スタート前に辺りを見回すと、ゆぅさんの横にカメラを構えた何やら見覚えのある顔が・・・・・・・・
c0162277_01180.jpg
塾長、やはり来てくれましたか!

さて、肝心のレースはと言うと、これまた700人ぐらいの大人数だったので、いつものごとく前から2~3列目ぐらいに陣取ってスタート。
①河川広場~白谷沢入り口(23分51秒)
②白谷沢入り口~林道まで(22分40秒)
沢登りの終点ではこちらのお二人がカメラを構えて、苦しい顔したランナーを激写しまくりでした。
c0162277_016730.jpg
③林道~棒の峰~日向沢(1時間29分05秒)
沢登りが終わり林道へ出た後はこれまで試走したコースと違って、そのまま林道沿いを左方向に走っていきます。しばらくすると滝の平尾根のコースにぶつかり、ここから棒の峰を目指してトレイルに入っていきました。
棒の峰に到着すると、山頂に霧がかかっており、その霧の中に何やら変わったキノコが生えておりました(笑)。
c0162277_026934.jpg
どうもありがとうございます、説明は要りませんよね。

ところで棒の峰山頂にて設営されてたエイド、公式のではなくinoxさんの私設エイドだったんですね。気付きませんでした、どうもありがとうございます。inoxさんといえば昨年の9月にも大ダワにてコーラを頂いた事がありました。その時の試走レポがこちら

この区間で後ろから★野さんが抜いて行った。しばらく追いかけて行ったが、下りや平坦部は同じペースでついて行けた(長尾丸の巻き道あたり)にもかかわらず、上りが早くて追跡不可能。ついには日向沢への急上りが始まるといつの間にか姿が見えなくなってしまった(汗)。
 さらには鉄塔付近でハリ天さんにもgetされ、もちろんあっという間に視界から消えて行きました。
④日向沢~有間峠(14分40秒)
ここのエイドで休んでいると、かどさんが到着し、エイドによらずにそのまま通過。こちらはガス欠気味だったので、しっかりとエイドにて食料を補給。
この先は有間峠への狭くて滑りやすい下りのトレイルがあり、どろどろのヌカルミ状態。目の前を走ってた外人さんが何度か尻餅をつく。こういう所は無理に足を動かそうとせずに、すべるに任せた。
有間峠に着くと2時間30分ぐらいたった。予定よりも30分早い。かなりなハイペース。
⑤有間峠~タタラノ頭(18分19秒)
⑥タタラノ頭~橋小屋の頭(10分26秒)
有間峠から先は小刻みなアップダウンあり。前半のハイペースがたたり、登りでは足にケイレンが起きつつある。橋小屋の頭(有間山)山頂手前でリキさんに追い着かれる。
⑦橋小屋の頭~蕨山(13分53秒)
橋小屋の頭からは急斜面の下り。ここからようやく飛ばせる。っとリキさんに告げ、エンジン点火。グリップの良いブラーソールの助けを借りて、急斜面を一気に翔け下りる。幸いにして先行ランナーは、下りで躊躇しているひとが多く、上りで抜かれた分をあっという間に取り戻した。リキさんも置いていってしまいました。
⑧蕨山~ゴール(48分30秒)
後は勢いに乗って下るのみ。途中でゆぅさんのいるエイドに立ち寄り、しっかりと栄養補給。ラスト5kmの下りに備える。ぬかるんで足場が悪いにもかかわらず、ペースが落ちることなく軽快に下って行けました。
c0162277_1174539.jpg
まとめ
・3回試走したうち、2回は悪天候での試走だったため効果テキメン。
・下りでスピードが出せ、且つ安定した走りが出来た。転倒無し。
・ブラーソールのグリップの良さを認識
・下りに比べて、上りが相対的に弱くなっている。→今後、奥武蔵の試走で補強


8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 8回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 18回 もやってきます。

今後の予定はこちら ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-02 00:22 | トレイル
悪天候下での初レース(名栗U字)
 昨日は参加された選手の皆さん及び応援、スタッフ業務に関わった方々、大変お疲れ様でした。自分にとって初体験であった悪天候下でのレース、幸いにして転倒することも擦り傷もなく無事に終えることができました。
結果はというと4時間01分29秒、総合で66位でした。
28kmの参加者が当初の300名を大幅に上回る700名前後と聞いてましたので、なんとか10%以内には滑り込めそうなところです。
前後には6分先にハリ天さんや素浪人さんがゴール、7分後ぐらいにjunさんがゴール(先の30kに引き続き年代別で表彰されました、おめでとうございます)。
詳細はまた後日・・・・・・。

さて本日は10時からアノ激戦が繰り広げられます。参加者される皆さんの御健闘をお祈りします。

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 8回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 18回 もやってきます。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-01 08:00 | トレイル