「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ハセツネ30kのレース所感等
やはり試走は大切って事をつくづく感じたレースでした。
1週間前の試走において、レースのカギを握るのは大雑把に言うと、①気温上昇時の水分補給、②スタート直後及び入山峠~和田峠までの林道でのペース配分、③ハセツネ10kポストから先のスタミナ維持、の3つがポイントだと判断しました。

天気予報で最高気温が22℃ぐらいとのことで、水は2リットルで十分と判断。25℃に届くようであれば、予備にペットボトルを1本持っていくつもりでした。

スタート~トレイルの入り口までは12分24秒。
 先ずはスタート直後の渋滞回避のため、かなり前の方に並びました。4時間以内の列。
トレイルの入り口まで10数分間登りが続くので、ペース配分にはかなり気を付けなければならないところ。回りにつられてハイペースになったら後が続かない。
そこで作戦・・・・適切なペースメーカを見つけてひっぱってもらうこと。で、横に並んでいるハリ天さんの背中を追いかけて走る事としました!
これは正解!! 速すぎず、遅すぎず、呼吸も乱れないペースであっという間にトレイル入り口までたどり着きました。試走タイムよりも1分40秒も早く。

トレイル入り口~入山峠までは22分54秒
 トレイルに入ってからも後ろからピッタリとマーク。刈寄までは登りだったせいか、皆さんゆったりとしたペースで上がっていきました。ある程度ペースを抑えていたため、呼吸も回復しました。
刈寄のピーク手前ではリキさんの応援を受けました。そして盆掘林道の手前では峰さんの最初の応援。ありがとうございました。

入山峠~T字路までが19分15秒
 入山峠に出たところでは、一瞬ですがハリ天さんより先行しました。ここではお馴染みハリマネスポーツ取材部の方が待機。写真お借りいたします。
c0162277_0364437.jpg
なぜか苦しそうな表情?です。
このあとはT字路までずっと下りが続きます。もし試走して無かったら、間違いなくオーバーペースになってたと思います。ハリ天さんの背中を追いかけながら一定のペースを保って行ったら、試走時よりも7分近く短縮していました。

T字路~和田峠までが43分24秒
 この区間が一番のポイントと読んでました。ゆっくりでもいいから歩かずに走りきる事を心がけました。幸いにして試走時よりも気温が低く、走りやすい。水分の消費も少なかったです。
何と言っても、前回の高水と比較して気持ちにユトリがありました。前回はハイカーから応援を受けても、返答する余裕が全く無かったです。今回は集落の中を通るため、軒先から応援してくれる住民の方もおられました。そういった方に対し、挨拶をしながら走って行く事が出来ました。
和田峠にたどり着く前にハリ天さんの背中は見えなくなってしまいましたが、試走時よりも5分以上短縮することができました。

和田峠~市道山分岐までが38分23秒
 和田峠ではスタッフのiwatchさんから応援を受けました。ありがとうございます。そしていよいよトレイル主体のコースに入ります。思いのほか呼吸も落ち着いておりスイスイと登山道を登って行く事が出来ました。
登りきったところでは、あんきもさんの応援。森の中に響き渡るような声援を受けました。
醍醐丸はピークを踏まずに巻き道を使用。これは楽でした。その途中では、先日の奥武蔵レクロゲで一緒だったSさんがスタッフとしてコース上に待機しておりました。ご苦労様です。
巻き道が終わって登り返したところでは、のまダッシュさんが御家族で応援。ほのぼのとしたいい雰囲気で、気持ちが和みました。ありがとうございます。

市道山分岐~入山峠までが40分44秒
 この区間は後半の最後のヤマ場。いくつかのアップダウンを繰り返すので踏ん張りどころ。走力が同じぐらいの数名がグループを形成し集団走行。一人で走るよりは楽でした。マイルストーンとなるハセツネ10kポスト通過タイムは2時間30分。試走時よりも30分早いです。
スタミナ切れを起こさないように適度に栄養補給。今回はパワージェルを主体としました。(いつもはイオンのライトミールブロックの類、暑いと余計な水分補給が必要なため今回は却下)。
途中の急登では峰さんの3度目の応援を受けました。熊よけの鈴が遠くからでも聞こえてました。そして、エビスビール売切れ御免の看板を手にしてました。はたして何名の方がビールにありつけたでしょうか(笑)???
この区間は弾左衛門ノ峰などのピークを踏まず、巻き道ばかりだったのでかなりスタミナを維持できました。

入山峠~今熊山までが18分45秒
 入山峠に戻ってくると、ハリマネさん、barmyさんから応援うけました。あともう一息です。今熊山へも巻き道を使って入って行き、最後にちょっとだけ石段を上り山頂へ。ここまでくればあとは下りのみ。

今熊山~ゴールまでが19分39秒 
 この区間、金剛の滝経由のルートは試走してませんでした。ひょっとして滝まで下りるのかな?ッて思ってましたが、そのまま通過。変電所の前に出てきたらゴールはもうすぐ。広徳時からスパートをかけようと思ったけど、その先がなかなか見えてこないのでダッシュのタイミング掴めず。
ちょっと分かり難い道を通って無事にゴールゲートをくぐりました。
c0162277_1395878.jpg
このとき背後から刺客が3分差まで追い上げていたとは予想もしませんでした・・・・(笑)。

まとめ
・事前の試走2回でレースのキモとなる区間の特徴を把握しておいたこと。これがあったから、無駄にペースをあげることなく7~8割ぐらいの力で余力を残しつつ完走できた。
・水は2リットル持って行き、1.3~1.5リットルぐらい消費した。
・女子のトップよりも早くゴールできた!(本戦では決してありえないこと)。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-04-22 01:50 | ハセツネ
今回は無事終了、ハセツネ30k!!
 前回の高水が不調に終わったため、余計に今回のレースはプレッシャーがかかってました(汗)。
・・・・・・・が、幸いにして下記の皆様に応援していただいたお陰で、無事に納得のいくレースをする事が出来ました。

受付ブースにて・・・・・・・・sasashinさん(スタッフ)
スタート地点にて・・・・・・・峰さん、かげマルッさん、
刈寄の登り途中にて・・・・リキさん
入山峠にて・・・・・・・・・・・・峰さん再び、ハリマネさん
和田峠にて・・・・・・・・・・・iwatchさん(スタッフ)、あんきもさん
醍醐の巻き道にて・・・・・奥武蔵ロゲでいっしょだったSさん(スタッフ)
醍醐巻き道の登り返しにて・・のまダッシュさん
峰見通りにて・・・・・・・・・・三たび峰さん
入山峠にて・・・・・・・・・・・バーミーさん、ハリマネさん再び

どうもありがとうございました。走行中に確認したので、漏れがあるかと思いますが、名前が抜けてたらコメントください。その他、大会スタッフの皆様、おかげさまで大変気持ちの良いレースが出来ました。お世話になりました。

肝心の結果はというと

3時間35分36秒、総合78位(1164名完走中)、上位7%に入り込むことが出来ました。

・スタート~トレイル入り口までが12分24秒
・トレイル入り口~入山峠までが22分54秒
・入山峠~T字路までが19分15秒
・T字路~和田峠までが43分24秒
・和田峠~市道山分岐までが38分23秒
・市道山分岐~入山峠までが40分44秒
・入山峠~今熊山までが18分45秒
・今熊山~ゴールまでが19分39秒          でした。

レースの所感等についてはまた後日。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-04-19 22:38 | ハセツネ
暑い中、30kの試走。
今日は暑かったですね。最高気温が25度近くまで上昇したみたい。
そんな中、30kの試走をしてきました。
コースは和田峠の茶屋までは正規のルート、その後は醍醐丸のピークを踏み、以後は秋の本戦コースを逆走、広徳寺をゴールとしました。4時間20分かかりましたが水分を2リットルきっちりと消費。
もし来週も今日みたいでしたら、水分補給をしっかりやらないと脱水症状の危険あり。
主催者側でのエイドが全く無いというのは、ちょっと問題ですね。

さて今日の試走タイムです。
スタート~トレイルの入り口までは14分04秒
舗装路の上りですが、トレイルに入ってからの渋滞を避けるためには、ちょっとガマンして走り続けたほうがいいかもしれません。
トレイル入り口~入山峠までは24分
狭いトレイルなので、1000人も走ると無理な追い抜きは難しい。やはりスタート直後の10数分で、ある程度前の方にいた方がいいでしょう。
入山峠~T字路までは26分11秒
オクムのユガテの坂みたいな下り坂が続きます。スピードが出てしまいますが、この先に長い上りが控えてますので、調子に乗ってとばし過ぎたらあとで大変です。ここは控えめに行くべし。
T字路~和田峠の茶屋まで48分53秒
長い上りが続きます。ゆっくりでもいいから歩かないで走り続けたらこのタイムでした。とは言うものの、途中の何ヶ所かで立ち止まりましたけど・・・。試走ランナーを数名見かけましたがみな歩いてました。ここで走り続けられるかどうかが一つのポイントですね。あと水分をかなり消費しました。舗装路で且つ遮る物もあまり無いので、暑さがコタエました。尚、本番では茶屋までは行かずにトレイルへ取り付くみたいです。
和田峠茶屋~醍醐丸のピークまで18分38秒
本番では巻き道を使い、ピークは踏まない様ですが、まぁいいでしょう。
醍醐丸ピーク~市道山分岐までは27分45秒
ここからはお馴染みのコースを逆走。以外と走り難い印象をもちました。やはり順方向に走るのがいいなぁ。
市道分岐~入山峠まで53分31秒
走っている途中でハセツネ10kmポストを通過しました。時間はスタートからキッチリ3時間経過でした。ここを通過した辺りで足に疲労がたまってきたのを感じます。さしずめフルマラソンの30kmといったとこでしょうか。このあとは数回ピークを越えますが、結構ツライ。水分も残り少なくなってきますので、精神的に一番大変な場面ですね。入山峠手前の北沢峠はちょっとした上りですが、ここまで来ると軽快に走るのが難しい・・・。
入山峠~今熊神社まで29分23秒
神社までは下り基調。ようやく終わりが見えてきました。石段は走れる力が残ってたので、そこそこのペースで下ります。本番では金剛の滝に行くため、石段を下らない?みたいですけど・・・。
今熊神社~広徳寺まで17分45秒
変電所脇の自販機でペットボトルを購入。ハイドレの水が温かくなってたので、これはのどを潤します。変電所の舗装路を過ぎたら最後のトレイルを走ってゴール。
合計で4時間20分14秒でした。

まとめ
・とにかく最初のロードと和田峠までのロードがポイント。和田峠まではゆっくりでもいいから、歩かずに走る事。
・水分補給はこまめにしないと脱水症状の危険あり。2リットルは最低ライン。予備にペットボトルを1本持っていくか?悩みどころ。
・補給食はジェルタイプの方がいい。固形タイプだど水分を余計に消費する。
・10kmポスト以後でペースをどれだけ維持できるか、最後の詰め。

PS. 駅からスタート地点まで、地元のランナー(山ヤさん)と一緒でした。検索してもひっかからないので、ブログ名聞き違えたかな?コメントください。 → こちらの方でした
[PR]
by kurisuke64 | 2009-04-11 18:35 | ハセツネ
ヘロヘロ(~_~;) 高水
どーも前日(土曜日)に近所をジョギングしてたときから、体が重いな~って思ってたら、やっぱりまともに走れなかったです。
スタート直後の上り坂は軽快に走れたものの、その後はちょっとでも傾斜が付くとすぐに走れなくなる始末。そのうちなんでもない下りで、早々につまづいて転倒。これでは無理をしたらマズイと思って、安全に完走する方針に切り替え。
結局3時間12分18秒 161位で何とかノルマの20%以内には滑り込みセーフ。

今年のテーマとして、急登以外はできる限り歩かないで走る事を心がけて試走を行ってきた。が、今回に限っては、そんな余裕はまったく無し。走ってる途中でハイカーから応援を受けても、挨拶で答えるようなユトリが持てなかったです(汗)。

原因は調整ミスだろうね。先月の荒川から半月しか経ってないので、うまくコンディションを整えられなかったんでしょう。あまりこう言うのは考えないほうだから・・・・。

再来週は30kがあるので、気持ちを切り替えて行きましょう。
そのあとは5月末の名栗U字トレイルにエントリーしました。

PS.GWぐらいにオクムのコースを、できる限りトレイルを走って武甲温泉まで走る企画を考えてます。先日のレクロゲでその一部を堪能しましたが、せっかくだから全部やってみたいですね。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-04-08 00:53 | トレイル
いよいよシーズン in !
・・・・・といってもプロ野球じゃないよ、もちろん!
日曜日に迫りましたね、青梅高水山。これを走ると今年のトレイルシーズンが始まったって感じ。
今年はさらに2週間後にハセツネ30も控えてるし、翌月末の名栗U字トレイルもエントリーを検討中。
しばらくは試走とレースとで忙しい週末が続きそうです。

そういえばスポーツエイドジャパンのサイトで、夏の祭典の案内を4月3日付けで昨年の参加者に郵送し始めたと告知していました。4月6日(月)からHPで申込み開始だそうで・・・。いつもこんなに早かったっけ?今年は開催日が例年通りの8月の第1日曜日に戻りますが、スタートは昨年と同じ7時だそうです。時間が遅いのは助かります。コースは77kmでこちらも昨年と同じ。違ってるのは、今年から5回の完走賞が出なくなったこと、参加賞のTシャツが長袖になったこと。 何で長袖なの?って個人的には思います。
先週はロゲで盛り上がった奥武蔵グリーンラインですが、今年はロードだけでなくトレイルも織り交ぜて練習を積んで行きたいですね。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-04-03 21:47 | トレイル