<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
明日からようやくトレイル再開
 約2ヶ月トレイルから遠ざかってました。7月6日にみんながキタタンで苦しんでた時にハセツネ試走をやって以来、奥武蔵モードに突入したのでトレイルは封印してました。
・・・・で、明日(31日)は久し振りに行ってきます。浅間峠~ゴールまで。天候が少し不安ですが、気温が低めなのがせめてもの救い。

 早速、近くのイオンに行って補給食の買出し。いつもの事ながら、イオンのライトミールシリーズで揃えてます。
c0162277_1320613.jpg
・右はsoyjoyのイオン版大豆バー(1本98円/100kcal、たまたま7本セットで648円でした)、soyjoyよりもこちらの方が好きです。
・左上はカロリーメイトみたいなもの(1箱4本入り128円/100kcal×4)
・左下はゼリー(1個98円/160kcal)。
これらを組み合わせて大体1000kcal(大豆バー3本、ゼリー2個、ブロック1箱)前後になるようにして持ってきます。
スポーツドリンクは、こちらもイオン版ポカリみたいなもの。1袋/1リットルで10袋568円。いつもはハイドレに2リットル、予備にペットボトルに500ml持ってきます。
 定番のカーボショッツやパワーバー等は単価が高いので普段は使いません。使うのは本番の時ぐらいかな?

第16回ハセツネまであと 6週間!
残り試走機会 5回
今年の試走実績 2回(97.6km)
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-30 13:55 | トレイル
雨の日は・・・・
昨日の光が丘がちょっと走行距離不足気味だったんで、今日はどこかトレイルに行こうかと考えてましたが・・・・・、朝からあいにくの雨。
ハセツネコースならこの時期にしては気温も低いし、雨中走行練習にもなると思ったけどやっぱりやめ。
その代わりに、先日発売されたばかりのこれ、
c0162277_163363.jpg
買ってきて早速モチベーションを上げる事としました。

 本番まではあとに50日、ということでこれから出来る攻略法とかが出てます。負荷をかける練習はやはり2週間前まで、その後は調整に当てるとの事。となると週末の試走は9月28日まで。残すとこ週末はあと5回しか無いんですね。
 補給食に付いては、練り梅チューブが隠れた定番アイテムということで取り上げられてました。知り合いの間で以前より話が出てましたが、まだ一度も試した事はありません。この機会に試してみようかな・・・。
 シューズでは、モントレイルがコンチネンタルディバイドのGTXバージョン出したんですね、ようやくといった感がありますが。あとはストリークとコンチネンタルディバイドの中間的な位置づけのワイルドウッドTRと言うのを出してきてます。

さて、あと5回の試走でどんな事が出来るか、スケジュール立案してみました。
ポイントとしては
・昨年スタミナ切れを起こした三頭山の登りの攻略。
・ナイトランでの下りのスピードアップ(特にラストの金比羅尾根)
の2点です。
三頭山の登りについては、毎回の試走コースに必ず含める。ナイトランについては、夜を徹しての走行で無くてもいいから、14時から15時スタートで五日市駅に22時~23時ぐらいに戻るようにすればそれなりの練習が出来る。
 試走案としては
1回目 五日市駅~鞘口峠    38km
2回目 浅間峠  ~本部ゴール 48.8km
3回目 浅間峠  ~本部ゴール 48.8km(午後スタートの後半ナイトラン)
4回目 浅間峠  ~本部ゴール 48.8km(午後スタートの後半ナイトラン)
 試走機会が5回あるうち上記の4回はやっておきたい。余裕があったら
5回目 五日市駅~日の出山(つるつる温泉) 60.5km
を含める。
今のところはこんな予定を考えてます。

第16回ハセツネまであと 7週間!
残り試走機会 5回
今年の試走実績 2回(97.6km)
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-24 17:04 | トレイル
涼しい中の耐暑練習会~光が丘公園
c0162277_1710197.jpg

今日23日(土)は表題の代々木イベントに参加して来ました。このイベントの趣旨は、暑さと関門で厳しい北海道マラソン(31日に開催)に向けて鍛錬をする、ということで毎年この時期に行われています。
しかしながら、今日は8月にしては気温が低く(最高で24℃)、走りやすいが耐暑訓練をするには涼しすぎる気候でした。来週末、北海道走る人は、暑さが戻らないように願ってましょう!

さて、今日の練習会には先日のTJARで激闘した、マカニさんと小虫さんが元気な姿で登場しました。もちろん練習には参加しませんが。
この二人の健闘を称えて、マハロ会長より「ヨヨレンジャー」の称号とバッジが授与されました。(パチパチッ!)
1週間以上山中を移動、宿泊は野営のみと言うのは、まさしくレンジャー部隊ですね。
2人とも外見上はむくみとか無くなっているようでしたが、手足には激闘の後が見受けられました。通常では考えられないレースを経験し、その後長期の休養も取らずに、皆さんしっかりと仕事に戻ってるというのは、これまた立派な事です。

c0162277_17311234.jpg マカニさん 
本日はお子さん2人を連れての登場、エイドありがとうございました。

c0162277_17322466.jpg 小虫さん
日本海から南アルプスまで良く頑張りました。

両名の胸には燦然と輝くバッジが付けられました。
c0162277_173497.jpg
2年後には、今年の彼らの健闘に刺激されたトレイルランナーたちが、数多く参加しそうですね。もちろん自分は応援サイドにおり、今回のようにPCでメッセージを送り続けるでしょうけど。
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-23 18:05 | その他
奥武蔵UM ~いよいよゴールへ!
 序盤でとばし過ぎ、前半の上りで足が痙攣、予想外に苦戦した今年のレース、しかしながら後半の下りでようやく調子が戻ってきた。65km経過時点で6時間14分、予想タイムより4分32秒短縮。目標とする7時間半切りが視野に入ってきた。そしていよいよ終盤のヤマ場へ。

12)65~70km(30分50秒46 予想タイム32分)
 この区間は黒山ASまでの約1kmのなだらかな上りの後、2km下って小規模なアップダウンを2回繰り返すと言うちょっといやらしいコース。
これまでほぼ下り基調のため軽快に走れてきたが、さすがにそう甘くはない。最初の長い上り坂ではやはりペースが落ち、何名かのランナーに先行される。遥か先に見える黒山ASまで上っていくと言うのは、精神的にかなりツライものがある。後に控えるユガテの坂よりも気分的にはキツイかも。とにかくここはガマンの走り・・・・・。
ようやく黒山ASにたどり着き、しっかりと水分補給。その後の長い下りでは少し抑え気味に攻める。そしてアップダウンを2回、無難に通過して最後の難関ユガテの坂へ突入!

12)70~75km(27分43秒05 予想タイム32分)
 終盤最大のヤマ場であるユガテの坂。急勾配の約1kmを含む1.6kmを上り切れば、あとは鎌北湖まで下るのみ。この坂をしっかりと走れるかどうかがこのレースの最大の課題。前の区間で、ある程度抑え気味に走ったためスパートをかける余力はある。
前方のランナーが坂に入ると同時にペースが落ちるのを確認。こちらは逆にペースを上げて追い抜く。そしてそのままペースを落とさずにヘアピンカーブを上りきった。その後、ちょっとした上り坂も問題なくクリアしすべてのヤマは越えた!
北向き地蔵を軽快に通過し、清流ASでラスト5km、タイムは6時間58分ぐらい。「7時間半切れますよ!」との応援を受け鎌北湖へ向けてスパートをかける。
ユガテの坂から鎌北湖ASまでのこの区間は、キロ5分30秒で走れました。

12)75~77km(09分09秒69 予想タイム12分)
 残りは2km。毛呂山運動公園が視界に入ってきた。前方にはほぼ同じペースで走っているランナーが一人。なかなか抜けそうにない。運動公園の門をくぐる瞬間、そのランナーが雄叫びを上げながら猛然とダッシュ。こちらもそれに続いて、ラストスパート。どちらも短距離走をしているような走りでした。

   そして ついにゴール! 

タイムは7時間24分36秒  最後のダッシュが効いたかな・・・・・・?
その数分後、lisalisaさんもゴール。初参加でみごと7時間30分切りを果たしました。おめでとうございます。

たまパラダイムさんは6時間30分台、ネオスさん、hikariさんの両名は6時間50分台で()7時間切りを果たしました。速いですね~。
ペターさんは7時間ちょっと。S木さんは自分の2分ぐらい前にゴール。
モトチカさんは昨年よりも34分短縮し8時間10分台、お見事!
ヒロ児玉さん、サブ9で堅実な走り。女将さんもあの仮装で見事完走。
初参加のゆぅさん、sasashinさん、ミカンさん無事完走おめでとうございます。
tamaさん7回目の完走、tama奥さん5回目の完走、おめでとうございます。
barmyさん、ラスカルさん、Alohaさんも完走なされました。
うりこさん、伴走での完走お疲れ様でした。

c0162277_1372471.jpgゴール後はサプライズ応援していただいたリキさん(写真右)に改めて御挨拶。 写真はゆぅさん御提供。


参加した皆様、本当にお疲れ様&ありがとうございました!

[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-15 01:43 | 奥武蔵
奥武蔵UM ~後半戦
 スタート直後のアップダウンで予想外に体力を消耗。前半戦は長い上り坂でお約束の痙攣に苦しみながらも何とか刈場坂峠まで到着。42.195kmは4時間05分10秒とほぼ昨年並みのタイムを維持。これから先はほぼ下り基調、去年と違うのはトレイルランの効果で下りのスピードが確実に上がっていること。成果が発揮できるか?

9)40~50km(59分31秒98 予想タイム62分)
 刈場坂峠を過ぎると、急な上りが無くなったせいか足取りが軽くなりつつあった。大野峠を過ぎ、県民の森駐車場にさしかかった時、沿道で応援していた若者が並走してくれました。サングラスをかけてたのですぐには気付かなかったのですが、長男さんです。今回はケガにより奥武蔵を断念。まだ十分に肩が回復してないにもかかわらず、並走なんかしちゃって大丈夫ですかって、心配しました。来年は是非出場してくださいね。朝早くから待っててくれたそうで、どうもありがとうございます。
その長男さんには並走中に走りのフォームをチェックしてもらいました。かなり肩に力がはいっていたそうです(←前半は足が動かなかった分、腕を振ってましたので)。その後は幾分リラックスした走りが出来ました。

さて、いつの間にか45kmを通過してしまい、いよいよ折り返し地点に向かいます。この頃になると、たまパラダイムさん、ネオスさん、hikariさん、S木さんたち上位ランナーとすれ違い始めます。
そしてついに折り返し地点にたどり着きました。

c0162277_9353376.jpg左の写真は、mepannaさんのとこから転載させて頂きました。
このエイドではお約束の水着ギャルも登場(写真は他のブログにてお楽しみください)、今年は原始人スタイルの男性もおられました。

残りは30.6km、足の痙攣はもう心配無くなりました。復路を走り始めてすぐにlisalisaさんとすれ違います。その差は距離にして1km前後といったところ。下りがかなり速いので、モタモタすると追いつかれそう。
そのしばらくあとにはモトチカさんとすれ違いました。

10)50~55km(29分15秒78 予想タイム32分)
 下り基調と言う事もあり、ようやく本来の調子がもどってきました。大野ASを過ぎたあたりでしたっけ?ゆぅさんとすれ違いざまに写真を撮ってもらいました。
c0162277_10285139.jpg
シャッターチャンスを逃すまいとして、常に片手でデジカメ持ちながら走ってたそうで(汗)、軽量カメラ(150gぐらい)とは言いつつも大変みたいです。
この区間でしたかな、すれ違ったのが一番多かったのは?ヒロ児玉さん、女将さん、barmyさん、ラスカルさん、sasashinさん、tama奥さん(違ってたらすみません)。sasashinさんもカメラを構えながら走ってたみたいで楽しんでましたね!

11)55~60km(29分15秒31 予想タイム32分)
飯盛峠を過ぎてから、下りの斜度が急になってきたこともあり、速いペースでの走行が維持できる様になりました。飯盛ASではtamaさんにお会いしました。今回は奥様の方が先行しておりました。頑張って追い上げてください!
高山ASを過ぎてからは残りは20kmありません。yahushigeさんの私設エイドで再び冷水を頂きラストスパートに備えます。

12)60~65km(27分46秒96 予想タイム32分)
 この先は、傘杉峠、顔振峠、阿寺の坂と下りが続きます。今回は往路でかなり苦しめられた上りが、逆に有利に働きます。
そして顔振峠を過ぎたあたりでしたかな?今回の一番のサプライズ。後ろからきたエアウェイブの運転手から、突然声をかけられました。ハコネTシャツを着ていたのでトレイル関係者だと思いましたら、案の定、リキさんでした。ブログ等で写真を見たことはあったのですが、実際に本人にお会いするのは初めてでした。一方はレース中、もう一方は車を運転しながらの初対面同士のご挨拶。裏TTRではすっかり当たり前になったサプライズ応援をこちらが受ける事となりました。どうもありがとうございました。聞くところでは、知り合いのランナーに声をかけて仲間の状況を伝えていたそうです。
その後、顔振峠を越えヘアピンの急坂を下っていくとチームアスペンによる阿寺ASのお出迎え。ヘアピンの下りでこちらを認識すると同時に、遥か彼方から声をかけてくれました。ようやく戻って来たなって実感が湧きました。

そしていよいよレースは終盤のヤマ場、黒山分岐へのいやらしく長い上りとユガテの激坂を残すのみとなりました。

    To be continued・・・・・
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-13 10:14 | 奥武蔵
奥武蔵UM ~レース開始!
このレースではスタート直後の渋滞がまったくと言ってよいほどありません。とはいっても1000人規模ですので、人混みの真っ只中ではちょっと走り出しにくい。先頭に陣取っているのは奥武蔵道場の面々。良く見ると、たまパラダイムさんを発見。握手をしながらお互いの健闘を祈り、すぐ後ろあたりに並びました。

そしていよいよ2008年8月10日午前7時30分、第15回奥武蔵ウルトラマラソンの号砲が轟きわたりました。

1)0~5km(23分51秒94 予想タイム25.5分)
 この区間、昨年までは市街地走行でしたが、今年は市街地を迂回しゴルフ場の坂を上って行くコースへ変わりました。平地の走行でウォームアップを考えてましたがとてもそんな状態ではありません。ネオスさんと話しながら、ちょっとペースが遅いのかなと言ってたんですが、実はかなりとばし過ぎ。予想タイムは25.5分と考えてました。

2)5~10km(25分58秒56 予想タイム25.5分)
 この区間には斜度で比較すると、ユガテの坂と同レベルの上り坂があります。そのせいかペースがかなりダウン。それでもキロ5分ちょっとです。途中の第2エイドではmepannaさんが働いてました。このあと折り返し点にも移動するみたいで、裏方として大活躍です。ご苦労様!

3)10~15km(22分56秒98 予想タイム25.5分)
 前の区間でちょっとペースダウンした事を考慮し、この先下りが続くこともありちょっとペースを上げました。と言うか上げ過ぎ。

4)15~20km(28分44秒43 予想タイム27分)
 鎌北湖への一本道へようやく戻ってきました。去年まではここまでが慣らし運転のつもりで走れましたが、今年は大違い。グリーンラインへ入る前にかなり体力の消耗を感じてます。鎌北湖からの上り坂ではかなり抑え気味に走らざるを得ませんでした。

5)20~25km(29分49秒72 予想タイム30分)
 鎌北湖の激坂をやっとの思いで上りきると、北向き地蔵がお出迎え。そしてユガテの急坂を下ります。どうも序盤で飛ばしすぎたせいか調子がイマイチです。足の動きが悪い。
途中で後ろから声をかけられ、ふり返るとhikariさんでした。調子がよさそうです。うらやましい・・・。
そして、いやらしく長いなだらかな上り坂を過ぎると、ようやく黒山分岐のエイドにたどり着きました。

6)25~30km(31分52秒90 予想タイム30分)
 この区間では顔振峠にたどりつくまでに、阿寺の坂と180度のヘアピンカーブして急坂を上って行くところがあります。序盤の飛ばしたツケが少しずつ回ってきてます。途中で名物の白いヤギを見る余裕もありませんでした。予想よりも遅れてきてます。

7)30~35km(35分11秒39 予想タイム30分)
 顔振峠を過ぎると高山不動まで長い上り基調で4.6km。中盤のヤマ場です。案の定、今年のレースでは恒例となってしまった痙攣が襲ってきました。ところどころで立ち止まり、かるく屈伸をすることで何とか走行可能に。途中でyahushigeさんの私設エイドに立ち寄り、冷水をいただきました。それまでエイドにはすべて立ち寄っていたにもかかわらず、水分補給が十分ではなかったらしく、生き返った気分になりました。
そしてようやく高山エイドに到着。少し長めの休憩と補給をしました。かなりペースが落ちてます。

8)35~40km(32分36秒70 予想タイム30分)
 ここからは中盤の最後の難関、飯盛峠とぶな峠を越えれば刈場坂に到着し、上り基調がほぼ終了。果たして、足が持つかどうか?痙攣が完全に治まったわけではないので上り坂は慎重に走る。
このあたりに来ると、先頭ランナーに出会い始める。去年もほぼ同じ箇所で見かけてるからそれほど遅いわけではない。
立ち止まり、軽いマッサージをしながら2つの峠を何とかクリア。やっと刈場坂に到着。
偶然、S井さんも折り返してきてエイドに到着でした。早いですね。

刈場坂を過ぎたあたりから、ようやく本来の調子に戻ってきました。
42.195km通過のタイムは4時間05分10秒、予想タイムよりも7分40秒遅れ。後半でこれらの遅れをどこまで取り戻せるか?
  
To be continued・・・・・
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-12 16:11 | 奥武蔵
奥武蔵ウルトラ ~プロローグ・スタートまで
c0162277_12261128.jpg

8月10日の朝、6時過ぎに会場入り。偶然にも駐車場で隣に止まった車からは、barmyさんとミカンさんらしき人が出て行くではないですか。その後体育館に荷物を置きに行くと、やはりご本人たちでした。
c0162277_12411352.jpgc0162277_12431190.jpgミカンさん(右)は今回初参加、関西より遠路はるばるやってきました。
barmyさん(左)は今回3度目、すっかり余裕の表情です。

今大会ではいろんな知り合いが参加するらしいので、本部前周辺に行って見ると・・・・ えっ!
c0162277_12483729.jpg
mepannaさんが大会スタッフと化しているではないですか????? このあと開会式の司会もやっておりました。(もちろん帽子はかぶったままでした

さて、代々木RCの関係者を探すと、
c0162277_1331040.jpg今年も伴走で参加のうりこさん。ギリギリゴールの予定でヘッドライトが必要との事、去年ハセツネで使った3Wの明るいやつをお貸ししました。

c0162277_1371670.jpgc0162277_13114780.jpgネオスさん(左)、フルでサブスリーの仲間入りを果たし、奥武蔵では・・・期待が高まります。
モトチカさん(右)、秩父往還の試走とかでかなりの距離を走りこんでるとのことです。

c0162277_13293844.jpgスパルタスロンを目指すヒロ児玉さんは、Team The Horizonで参加。代々木イベントの富士登山ランを1週間前にやったばかりで、影響ないですか?
その他には写真に出てないですが、Alohaさん、ラスカルさん、スタートラインに並んでるときに奥武蔵道場のたまパラダイムさん、コース上でhikariさんにお会いしました。

次はブログつながり・トレイル関係者を探すと
c0162277_13453814.jpg裏TTRサポート部隊の縁で知り合ったtamaさんと奥様。tamaさんは7度目、奥さんは5度目の挑戦でお二人ともベテランランナーです。

c0162277_13514042.jpgそしてこちらはその裏TTRで全コース制覇した一人であるペターさん。77kmなんて短いかな?

c0162277_13581689.jpg今回不参加でしたがサプライズ応援をしていただいたリキさん。ありがとうございました。昨年、代々木RCの関係者(女性)がハセツネコースを試走中、三頭山で動けなくなったのを救助してくれた方です。当時はブログで相当盛り上がりました(笑)。
c0162277_1463277.jpgfun run とはいえ、女将さんはあの暑い中をこんな格好で・・・・・。見るからに暑そうです(写真はゴール後)。ご苦労様です。

c0162277_14114755.jpg6月1日の奥武蔵フルで初の42.195kmを走ったばかりのsasashinさん。今回1度も試走シテないとの事でしたが、結果やいかに?

c0162277_14162341.jpg今年は高水でも一緒でした、S木さん。ハセツネにもエントリーしてるとのこと。お互いに頑張りましょう。

c0162277_1421899.jpgこちらの2人(左・ゆぅさん、右・lisalisaさん)とは今年は奥武蔵を何度か試走をしました。よい結果が出ると良いですね。


そしていよいよスタートの時刻7時30分に。  
             To be continued・・・・
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-11 13:42 | 奥武蔵
奥武蔵ウルトラ 結果速報と御礼
やっと終わりました。
結果は7時間24分36秒 総合順位79位でした。昨年より2km伸びているにもかかわらずタイムは14分短縮、順位も92位からアップしました。

今回は知り合いのランナーも多く、レース中にハイタッチで数々の元気をもらう事ができました。
また私設エイドやサプライズ応援を受けた事もPBを達成できた大きな要因でした。
まずは応援していただいた方々に御礼申し上げます。

ぴのさん 大会スタッフとして裏方でのサポートありがとうございました。
mepannaさん 開会式の司会やるとは思いませんでした。また折り返し地点でのエイド運営や、移動中の車からの応援ありがとうございました。
・yahushigeさん 私設エイドありがとうございました。往路の上り坂でバテバテだったところを、冷水をもらったことで生き返りました。
長男さん 肩がまだ十分に回復していないにもかかわらず、県民の森での並走応援ありがとうございました。
リキさん 今回が初対面にもかかわらず、わざわざ車の中から声かけて頂きありがとうございました。このレース一番のサプライズでした。
・payutaさん ゴールした後でしたが、代々木の仲間のためにわざわざ応援に駆けつけていただいてありがとうございました。

詳細は後日。
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-10 21:46 | 奥武蔵
本番シミュレーション
 昨年の実績を元にして、走行シミュレーション①及び②をしてみました。①は昨年と同等のペースで行った場合、②は少しペースを上げた場合です。

     昨年実績   ①   ②
スタート
 5km   ?    25.5分 25.5分
10km 50分35秒 25.5分 25.5分 市街地走行
15km 25分34秒 25.5分 25.5分 市街地走行
20km 30分15秒 27分   27分 鎌北湖上る
25km 29分45秒 31分   30分
30km 30分09秒 31分   30分
35km 36分19秒 31分   30分 高山AS
40km 31分45秒 31分   30分
45km 31分08秒 31分   30分
50km 32分54秒 33分   32分 折り返し
55km 32分42秒 33分   32分
60km 32分31秒 33分   32分
65km 33分01秒 33分   32分 黒山上り
70km 32分38秒 33分   32分 ユガテ上り
75km 29分07秒 30分  29分
77km ――    12分    12分
total7時間38分 7時間45分 7時間34分

昨年並みのレベルであれば7時間45分~50分ぐらいでいける見込みです。各区間1分づつの短縮が出来れば、7時間35分~40分ぐらいといったところ。
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-05 23:56 | 奥武蔵
いよいよ秒読み開始!
 本日送られてきました、ゼッケンその他。なかなか来ないと思って、ちょっと心配してたんですけど、一式無事に送られてきてホッとしました。
今年はスタート時間が遅くなり、始発電車で来れるようになりました。しかし、受付等でドタバタしないようにとの配慮から受付をなくしたみたいですね。

c0162277_23254944.jpg

エントリーリストを見ると全参加者936名(昨年は884名)のうち、約30%が初参加です。また、過去に10回以上完走したランナーは51名、OKUMUSASHI WIND との称号を与えられているようです。ハセツネでのアドベンチャーグリーンのように、10回連続完走しないともらえないものかどうか不明ですが、どちらも自分にとっては大きな目標です。  今から10年後はまだ50代の半ばですから、十分に可能性はあります。

さて、今年は確認できたところで15名もの知り合いがエントリーしてます。代々木RCから始まり、裏TTRやブログつながりで様々な人脈が広がってきました。タイムや完走のみならず、こういった人達との交流も楽しみの一つです。

次回の日記では、去年の実績を元にタイムをシミュレーションしてみましょう。
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-01 20:24 | 奥武蔵