カテゴリ:ハセツネ( 69 )
2014 年ハセツネ
2014年10月12〜13日
7回目の挑戦となった2014年のハセツネは第一関門にて終了。
2010年にゴールゲートをくぐって以来、これで4年もゴートから遠ざかってしまった。通算成績は3勝4敗。しかしながら完走した3回はというと、これらは必ずしも納得のいくレース展開だったとは言いがたい。

ここで過去7回の結果を振り返ってみる。
①2007年 14時間01分
 この年は大会数日前に友人から連絡があり、急遽参戦。9月に数回に分けてコースを走破していたので、途中で歩いたり休んだりしながらではあったが、特に大きなトラブル無く完走できた。

②2008年 12時間11分
 シーズン当初よりサブ12 を狙うという目標を掲げ、試走は7回、約4.5周を走る。もちろん周回も実施し、13時間11分を記録。
本番では、第一関門3時間30分、三頭山5時間59分、日の出山10時間30分と完璧なサブ12ペースを維持するも、金比羅尾根にてまさかのハンガーノックを起こし、目標達成を逃す。
kegさんのブログにてこのときのペース配分が「シミュレーションタイムと実践ランナーとの比較」ということで取り上げられた。

③2009年 市道山分岐にてリタイア
 この年はサブ12が目標ではなく、最低限のノルマということで臨んだ。
試走回数は前年とほぼ同程度の7回、約4.5周分。周回タイムはやや遅く14時間01分。ただし三頭山までの最速タイムが5時間31分(本番2週間前の最終試走)であったため、サブ11が射程圏に入った。
 ところがその直後、38度を越える高熱が出て一晩中苦しみ、翌日は病院で処方されたロキソニンの強烈な副作用で内蔵をやられてしまい、その夜は一晩中トイレと布団の往復を繰り返し。ゲッソリとやつれてしまった。
 本番では今熊神社へは20分弱で到達するもその後に走る事ができなくなった。気がついたらふくらはぎに装着したC3fitのゲータがずり落ちていた。体重が落ちていたのはわかっていたが、必要な筋肉まで減少していたのか・・。

④2010年 15時間03分 
 前年がある意味モチベーションと走力のピークだったためか、停滞気味のシーズンであった。それでも恒例となった周回試走でのタイムは13時間50分。
ならば12〜13時間ぐらいで完走できるかと思い、第一関門には3時間43分、三頭山には6時間38分で到着。ピークだった前年ほどではないが13時間前後で行けるだろうと確信した。
しかしながら第2関門以後に内蔵の変調をきたし、御前山避難小屋、大岳神社、第3関門それぞれでトイレに駆け込む状態。最後の金比羅尾根は走る事ができずにゆっくりと早歩きで進み2時間以上かけてようやくゴール。
9月に猛暑の中をのんびりと周回したタイムよりも大幅に遅れての完走でした。
この年の夏から長時間走ると内蔵をやられやすくなり、奥武蔵でも同様な症状でタイムが下降を始めて行きました。

⑤2011年 第2関門でリタイア
 この年も気持ちや体力がさらに低下。過去3年間の恒例行事だった周回試走も行わず。まともに走れる訳が無い。
第一関門は4時間23分、この年から初めて浅間峠到着以前にヘッドランプを使用するようになった。三頭山には8時間7分、その後内蔵にダメージを受けたため鞘口峠で下りてトイレに行く。コースに戻り再スタートしたが予想外にダメージが大きく第2関門まで1時間以上かけてたどり着きリタイアを宣言。

⑥2012年 第2関門でリタイア
 試走回数は前年よりもさらに少なく、もはやタイムよりも完走目標で臨む。
しかし現実はそう甘くなく、トレイルでの長時間の行動、気温の変化に体がついていけず、前年のように三頭山過ぎに胃腸をやられ第2関門でリタイア宣言。
2年連続のリタイアだったため翌年はエントリーを見合わせる事となった。

⑦2014年 第一関門にてリタイア
 1年間のブランクを経てようやくモチベーションが復活して来た。コースに入っての試走もピークの2009年ほどではないが繰り返し実施、9月下旬には三頭山までのタイムが6時間20分以内を2回記録。 最後に完走した2010年のレベルぐらいに近づいてきたと思い、サブ13を目標とした。
 だが、ふたを開けてみると入山峠までは1時間ジャストで通過したものの、その後は徐々にペースダウン。市道山分岐には1時間58分で通過したにも関わらず醍醐丸に2時間49分で到着。ここで完全にへばってしまい地面に腰を下ろしてしばし休憩。リアイアを考え始めた。スタートから序盤のペースが速かったためと思われる??まだまだスタミナが戻ってなかったのかな?
醍醐丸からは所々で立ち止まり休憩を入れながら早歩きモードになる。下りで足が踏ん張れずに、グキッとひねってしまったこともあり第一関門には4時間45分で到着。残念だがここでリタイアを宣言。
状態が上向きだった中での途中離脱は非常に残念だった。が、スタート時に少しペースが速かったぐらいでつぶれてしまうようでは長時間のトレイルでの行動に耐えうるだけのスタミナが戻ってない。  ということか。
[PR]
by kurisuke64 | 2014-10-16 01:25 | ハセツネ
2014 年前半試走
9月21日(日)

9月21日はコース前半部スタート~鞘口峠をやっつけてきました。タイムは6時間36分22秒。
ようやくまともに走れるようになりました。

実はこの区間、8月30日の試走で10時間半もかかってしまい、おまけに帰りのバスが無かったためロードを歩きました。さらに先週の13日は7時間以上かかっても数馬峠までしかたどり着けず、今年はスタート練習で散々な目に会ってます。
気温が高いとだめですね。5年前のサブ11狙ってたときも、20日過ぎてからでないとまともに走れなかったです。→調子良かった5年前のタイム

今回のタイム詳細

区間タイム(累計タイム)
武蔵五日市駅スタート
今熊神社  28分20秒
入山峠   36分20秒(1時間04分45秒)
市道山分岐 50分55秒(1時間55分40秒)
醍醐丸   31分16秒(2時間26分56秒)
浅間峠   1時間11分30秒(3時間38分27秒)
西原峠  1時間49分19秒(5時間27分46秒)
三頭山   50分03秒(6時間17分49秒)
鞘口峠   18分32秒(6時間36分22秒)

<所感>
・今熊神社まではかつては25分以下で走れてたけど、今は30分以内ではしるのがやっと。
・入山峠も理想としては1時間以内で走りたいが、今の走力じゃ無理。あわてて突っ込まない方がことにした。
・浅間峠はこのタイムで来れたのが不思議なくらい。でもフルマラソンのタイムと同等と考えれば速すぎというわけでなない。
・西原峠はあとの三頭山を考えればこのぐらいのペースが妥当。数馬峠までが1.5Hr、ここまでがちょっと大変。
・三頭山の上りは無駄な力を使わなかったので良いペースで登れた。1時間以内を心がける。
・全区間について、緩い上りはスロージョグ、急登は早歩き、平地と下りはできるだけ走る事を心がけた。
[PR]
by kurisuke64 | 2014-09-23 08:08 | ハセツネ
今日は日の出山
3月20日(水)
 久々に五日市会館〜日の出山の往復。
武蔵五日市駅をスタートしながら、今の状態では御岳山までは行けないだろうなと思いつつ五日市会館に到着。
c0162277_19292244.jpg

桜がきれいでした。これを見れただけでも良しとしよう・・・って、走り出す前から心が折れてます。

案の定、上りはとにかく心拍がすぐに上がり、のんびりと早歩きモード。ひーひー言いながらなんとかしてハイカーよりは速い速度で移動下という感じ。
山頂までは1時間46分ぐらいかかりました。蒸し暑い時期ならともかく、今の季節でこのタイムはかなり走力落ちてることを証明してます。
今日はこれで引き返し。復路は1時間9分。下りはさすがに気持ちよく走れる事ができました。往復で3時間弱。

週末の板橋に向けて、ちょっとは刺激入れになったかな?
[PR]
by kurisuke64 | 2013-03-20 19:40 | ハセツネ
今年もゴールゲートは遠かった・・・・・・。
 2007年から連続して6回目の挑戦となる第20回日本山岳耐久レース。今年は特に事前の走り込みが極端に少なかったため、、予期していた通りに完走ならず。昨年と同様に第二関門の月夜見にてリタイア。

せっかく、直前の5日(金)にトレラン王国の燃えよトレランに登場したにもかかわらず、残念な結果に終わってしまいました。

走ってないので、当然と言えば当然の結果でした。応援してくださった方々、どうもありがとうございました。

未完走とはいえ、翌々日の水曜日から関節痛やら筋肉痛やらが始まって、階段の上り下りが大変です。
週末の石神井ロゲはまともに走れそうにないですね。のんびりと行きますか。

詳細なレポはまた後日。
[PR]
by kurisuke64 | 2012-10-12 02:05 | ハセツネ
考察
・・・・・・・というほどのことでもないが、区切りをつける意味で今回のレースを振り返る。


服装は、昨年の経験から体を冷やさないように、Tシャツの下にファイントラックのアンダーを装着。さらにはアームウォーマを持参。ハーフタイツにハーフパンツの重ね着。CW-Xのゲータといういでたち。雨具もTNFのドットショットジャケットを持ち、防寒対策は十分のはずだった。

スタートしてからはあまり飛ばしすぎないように心がけた。入山峠までは1時間を切り、順調なペース。しかしながらどういう理由かその後、下りや平地で走れなくなる。睡眠不足でふらふらするような感じ。
所々で休憩を取りつつ進むことにする。風邪を引いたりして体調が不良なわけではないのに変な感じ。とにかく持久力が持たない。後続にどんどん抜かれる。

浅間峠にたどり着く前に、ヘッドライトを装着。ナイトランになったら、少しは元気が出たが長続きせず。

当初、浅間峠でリタイアを考えていたが、前に進めないわけではないのでそのまま続行。

西原峠に向かう道のりは、非常に長く感じた。
冷たい強風が吹き、のんびりペースで進むため、予想外に体が冷える。急いでアームウォーマと雨具を羽織り、防寒に努める。

しかしながら、三頭山に向かう途中から、少しづつ体が冷えてきた。こうなると内臓にダメージを受けるのは時間の問題。さらに睡魔も襲ってきたので、山頂手前の避難小屋で休憩することとした。
レース中に小屋で少し仮眠をとった。こんなことは初めて。

鞘口峠へ向かう下りでは、いよいよ内臓の調子が悪くなってきた。これは昨年の二の舞か?と思われ、都民の森リタイアを考える。
鞘口峠では、スタッフに許可を取り都民の森まで下りてトイレ休憩。

ココでやめてもよかったが、少し復活したので月夜見まで行くことにした。
でも、風張峠への上りは・・・・・・辛い(・・;)。
いつもなら調子よく上って下る道が、どうしてこんなにきついのって・・・・・・

月夜見山からの下りもいつもなら気持ちよく下って、舗装路を走っていくのに、全部歩き。

リタイアテントに入ってからもらった温かいココアが妙においしかった。



これまで5回挑戦し、初回以外の4回はすべてちょっとしたミスや準備不足が大きく結果を左右してきた。

08年 金毘羅尾根でのガス欠でsub12を逃す。
09年 病み上がりで出場し、市道山でリタイア
10年 スタート時に暑く、西原峠付近で降雨という急激な気温変化に適応できず、第2CP以後に内臓をやられる。
11年 第2CPでリタイア

まとめ
・このレースは、弱点があったらそこを徹底的にやられる、ごまかしのきかないレースだということを再認識した。油断すると容易にはゴールにたどり着けない。
・走れなくなると、体が冷えて内臓やられるので、ゆっくりペースでゴールまでたどり着くという選択は恐らく今後もあり得ない。→しっかりと準備してスタートラインに立てと言うこと。
・夜通し動き続けて、明るくなってゴールするランナーを見て、自分には到底まねできないと感じた。
・グリーン取るのは、こういった数々の困難も超えた先にたどり着くのであるから、やはりすごいものだと思った。
[PR]
by kurisuke64 | 2011-10-26 01:07 | ハセツネ
おつかれさまでした
10月22日~23日
 5年連続で5回目となる秋の大運動会。今年もなかなか納得の行くレースができませんね。

スタートして1時間ぐらいしたら、下りや平地で普通に走れなくなる。所々のベンチで休憩を取りつつ、上り下りともゆっくりなペースで進むことに。

市道山分岐が2時間46分。浅間峠到着が4時間23分。今回初めて浅間峠到着前に、ヘッドライトを使用することになる。

その後、西原峠には2時間以上かけて6時間42分で到着。

西原から先では気温が低下し、ゆっくりペースで歩いてると体温も低下。そうなると内臓もダメージを受けやすくなる。また睡魔も襲ってくる。

三頭山には8時間7分。避難小屋で10分ぐらい仮眠取りました。

鞘口峠に行くまでに、内臓のダメージが明らかになったので、到着後すぐに都民の森まで下りてトイレ休憩。
鞘口峠再スタートは9時間14分。

その後、相変わらずのゆっくりペースから復帰できず、月夜見駐車場までのアスファルトも走れず。第2CPには1時間以上かけて10時間20分でようやくたどり着いた。いつもなら30分ぐらいで行ける距離なのに。

今回はここで中止を決断。走行距離は42km。

2年前の明らかな体調不良によるリタイアと異なり、日頃の疲労蓄積が一挙に出た感じ。こういったのはちょっと調整が難しそう・・・・・。
[PR]
by kurisuke64 | 2011-10-23 14:31 | ハセツネ
ナイトラン練習
10月1日(土)
ほぼ1年ぶりのトレイルでのナイトラン練習。ようやく先日購入したGENTOS・SG-320を働かせることができました。感想はのちほど・・・・・。

当初の予定では14:32五日市駅発のバスで都民の森へ行き、そこからゴールを目指すつもりでした。しかし、数馬行のバスに乗ったつもりがなぜか藤倉行でした・・・・(^^ゞ。
藤倉行14:30 数馬行14:32 だったらしく、2分あとに本来乗る予定のバスが来たみたい。久しぶりに乗るときは、行き先を良く確認しないとダメですね。

でもって、藤倉からは陣馬尾根を登って、小河内峠でコースに入る。ちょっと時間が早かったので、逆走して風張峠まで行きそこから五日市会館を目指す。

こういうトラブルがなければ、なかなかハセツネコースのバリエーションルートは走ることがないので、これはこれで良しとしましょう。バスの運賃も910円ではなくて730円だったことだし・・・・。

試走タイムと経過時刻

 藤倉バス停スタート(15:20)

 藤倉バス停~小河内峠 46分04秒

 小河内峠~第2CP 15分54秒

 第2CP~風張峠 23分8秒

 風張峠再スタート(16:50)

 風張峠~第2CP 15分27秒

 第2CP~御前山 55分39秒  御前山到着が18:00ぐらい。
   
 御前山~オオダワ 33分48秒

 オオダワ~大岳山 45分14秒

 大岳山~第3CP 42分20秒

 第3CP~日の出山 23分53秒

 日の出山~ゴール 1時間12分16秒 (21:33頃) 合計6時間13分47秒でした。

ナイトランに入ったのは、惣岳山への上り区間から。GENTOSのハンドライトは100ルーメンであったが、必要十分な明るさ。それに対して、2007年より使用しているヘッドライト(アイコン)はちょっと暗いかなって感じました。

ナイトランが久しぶりだったこともあるんですが、ハンドライトが足元を局所的に明るくしてくれている分、ヘッドライトが進行方向を全体的にもっと明るくしてくれたらなぁと感じました。GENTOSのハンドライトをもう1本持つか、200ルーメンモデルのヘッドライトに切り替えるか、現状では少し明るさが足りない様子です。(夜間の視力が落ちてきていることもあるかもしれません。)

ちなみに御岳神社付近で逆走する試走者3名とすれ違いましたが、3名ともライトは3灯でした。
先日の台風の影響でしょうか、倒木が道を塞いでいる箇所も複数ありましたし、夜間は少し注意しないといけませんね。

ナイトランは、できたらあと1回はやっておきたい所です。
次の3連休は、8日が石神井ロゲですから9日か10日かな?
[PR]
by kurisuke64 | 2011-10-04 01:10 | ハセツネ
本日も不調なり(試走途中リタイアの巻)
9月16日(金)
今日は、浅間峠~ゴールまでの予定だった。さらに後半はナイトラン練習もするハズだった。

11時30分のバスに乗り、12時20分に上川乗到着。12時50分に浅間峠スタート。
浅間峠~西原峠   1時間26分46秒
 浅間峠まで来るのは暑かったが、そこから先は走り出すと風が心地よい。この区間は今のところは1時間半を切れば良しとする。
西原峠~三頭山   55分42秒
 三頭山の登りは走れる区間ではないので、いつもながらのゆっくりペース。相変わらず上りがキツい。それでも何とか1時間以内に到着。とりあえずここまでは予定通り。
三頭山~鞘口峠   31分09秒
 いつもならここの下り区間でようやくまともに走れるようになるが、今日はどうも足が思うように動かない。足を踏ん張って下るのが精いっぱい。何だろうねこの調子の悪さ、スタートからやっているわけでもないのに。
先週はいくら調子悪くても、金毘羅尾根の下りになったら、途端に復活したんだけど。今回はそんな気配まるで無し。
鞘口峠にたどり着いてから考えたが、この先の月夜見山や御前山へ上る元気ゼロ。ハイドレの水分は余裕だったが、どうも気持ちが乗らず。ここでやむなく下山を決定。

上川乗から鞘口峠までの行動時間は3時間24分45秒。
せっかく新規購入したGENTOS閃320も今回は出番なし、エネループも装填してたのに。
何とも中途半端な試走でした。
[PR]
by kurisuke64 | 2011-09-16 21:36 | ハセツネ
本日も不調なり
9月9日(金)のはなし

最近のハセツネ試走は、五日市会館から金毘羅尾根を逆走し大岳神社までのピストンをやってるので、今回はオオダワあたりまで行ってみようと考えた。

しかしながら、市街地を抜け、舗装路を上っていく間にどうも体の動きが重い。トレイルに入って、コンクリの橋を渡る頃には、もはや走りたくなくなってきた。こんな時は無理をしないほうがいい、っとばかりに気持ちを切り替え早々にハイキングモードに突入。
日の出山の巻道分岐まで来るのに2時間近くかかりました。
もちろん、日の出山へは上らず、巻き道を通って、御岳神社へ。神社でお参りした後は素直に綾広の滝で折り返し。ここまでなんと2時間50分かかりました。

復路は日の出山山頂まで41分、金毘羅尾根の逆走は、ようやく気持ちよく走れて1時間10分でした。
結局、五日市会館~綾広の滝往復で4時間41分もかけてしまいました。

ちなみに6月以後、金毘羅尾根経由のピストンは4回やってて、この部分だけタイムを見てみると

6月4日:御前山までのピストン・約50km
     往路(五日市会館→日の出山)1時間20分
     復路(日の出山→五日市会館)1時間9分
7月29日:大岳神社までのピストン・約34km
    往路(五日市会館→日の出山)1時間48分
     復路(日の出山→五日市会館)1時間4分
8月26日:大岳神社までのピストン・約34km
     往路(五日市会館→日の出山)1時間46分
     復路(日の出山→五日市会館)1時間2分
9月9日:綾広の滝までのピストン
     往路(五日市会館→日の出山の巻道分岐)2時間ぐらい
     復路(日の出山→五日市会館)1時間10分

どうも気温が高くなってから金毘羅尾根の上りが急激にペースダウンしてきてます。下りは気持ちよく走れますが、登りで相当苦んでます。もうちょっと涼しくなれば楽になるかな?
[PR]
by kurisuke64 | 2011-09-11 23:03 | ハセツネ
蒸し暑かった金比羅尾根
7月29日(金)
 今日は天候がいまひとつだったので予定を変更し、ハセツネコース五日市会館~大岳神社の往復、約34km。

予報では夕方まで曇。しかし武蔵五日市駅に8:30到着すると小雨が降り出す。
前日と同じパターンなら、しばらくして止むだろうと期待しつつ、五日市会館から小雨の中を走りだす。

金比羅尾根に入るととにかく湿度高い。汗がどんどん噴き出してくる。加えて逆走だから登り方向。知らず知らずの内にペースがダウンして早歩きモードになってしまう。小雨がなかなか止まない事もあって、何度か途中で引き返したくなる。少なくとも綾広の滝まではたどり着きたい。
日の出山には1時間48分で到着。ちょっとかかりすぎ。この辺りで小雨もようやく収まった。

その後は長尾平(第3CP)に24分で到着。綾広の滝で水分補給しながら、どこまで行くか検討。とりあえず大岳神社まで行く事に。
47分50秒で神社に到着。往路は3時間。お参りしてから、ゴールを目指す。

復路は下りだけあってしっかりと走れた。
大岳神社→長尾平(第3CP)29分52秒
長尾平(第3CP)→日の出山 22分30秒
日の出山→五日市会館 1時間04分37秒  復路は2時間弱で戻りました。

さて来週8/7は奥武蔵。参加される皆さんあまり無理しないで楽しみましょう。
[PR]
by kurisuke64 | 2011-07-29 18:21 | ハセツネ