カテゴリ:トレイル( 35 )
3月7日高水山試走
 先週のハセツネ30kのアップもしてないうちに、1週間経ってしまいました(汗)。とりあえず、今日の試走報告から先にやっつけておきます。

天気予報を見ながら土曜日と日曜日のどちらに行こうか迷ってました。ところが、あんさんが知り合いを引き連れて土曜日にするって言ってたのと、予報では天気が日曜日よりもよさそうだったので、急遽前日の金曜日に翌日の試走を決定!

朝は8時過ぎに永山公園駐車場へ到着。青梅は天気が良くて気温が上昇する予感。30分後にスタートする予定だったが、結局あんさんら4名と一緒に9時スタート。
実はこの約1時間後に塾長もスタートを切ってたとのことです。

先週に引き続き集団走をしようと思ったけど、スタート直後の上り坂を調子よく駆け上がっていけたので、他の4名を最初からぶっちぎってしまいました(どうもすみませんでした、その後はゴールまで会わずじまい)。
その代わりと行っては何ですが、途中で暑さのためウィンドブレーカを脱いでいたら、後ろから軽快に走ってくるランナーに追い着かれました。この後はこのランナーさんが下りでは先行、反対に登りではこちらが先行すると言った感じで最後までずっと並走させて頂きました。
いろいろと話をすると、トレイル歴はまだ1年ぐらいだけど、高校時代に陸上部、その後は富士登山競争で完走した経歴を持っているとのこと。どうりで走りっぷりが様になっているわけだ。

今年のコースは往路の途中で、例の鉄塔を手前から回りこみ、栗平方面へ250m下ったところの給水ポイントまで行って折り返し、再び鉄塔へ戻ってくることになってました。去年はけいれんで苦しめられたアノ鉄塔めがけての急登を、体力のあるうちにやってしまうわけです。距離が短縮した分、スピードレースの様相を呈してきそうです。
常福院までは1時間39分。山門への階段を登っていると、赤いジャンパーを着たなじみの顔が・・・・・・・。 何と峰さんの登場!
聞けば、suuさんたちのたまりバー53kmスタートを羽村で見送った後に、わざわざ見に来てくれたとのこと。本日はご苦労様でした。

10数分の休憩の後、復路は表参道の下りと林道の登り返しが待ってると覚悟したんですが、表参道は工事中に付き通行止め。仕方なく去年のルートで榎峠に向かいました。
さすがに復路ともなると、榎峠の登り返しは足にこたえます。今日の目標は、よほどの急登でない限り、ゆっくりでもよいから歩かないで走り続けるつもりでしたが、やはりこのあたりの登りで限界に来てしまいます。なかなか大変。
復路は1時間24分でゴール。何とか、かげマルッ塾長からは逃げ切れました。1時間差を詰められたら、それはそれでマズイですけど・・・・。
休憩含めて3時間17分。レースでは3時間半切りぐらいですかな?

ゴール後は、並走してもらったランナーさんと一緒に河辺駅前の温泉へ直行。来週の荒川も出るそうですのでお互いに頑張りましょう!
[PR]
by kurisuke64 | 2009-03-08 00:14 | トレイル
伊豆山稜線トレイル
7日(土)は伊豆半島の西側を南北に走っている伊豆山稜線歩道の一部を走ってきました。
参加メンバーは、かげマルッさん、ゆぅさん、ランブラーさん、あんきもさん、suuさん夫妻、当ブログの管理者の7名。
ルートの概要は木負(きしょう)バス停スタートで戸田(へだ)峠から稜線トレイルに乗り、仁科峠までのトレイル30kmと、持越温泉バス停までのロード10km、合計40km、7時間44分でした。

 当日の朝は、西武線の始発に乗り、東京駅を6時34分発の東海道線で沼津8時42分着。ここで車で移動して来たグループと待ち合わせ。8時55分発のバスで気負に向かう。

・気負(きしょう)~戸田(へだ)峠(2時間21分)
スタートから延々とアスファルト上り坂を走ります。途中からトレイルに入るのですが、入り口が非常に分かり難い。入り口の案内も出ておらず、入ってからはしばらくハイキングコースの案内も出ていません。ここは初めて来ると迷います。途中からようやく案内板を見つけて、正しいコースであることを確認。金冠山までは少々時間がかかりました。
その後、戸田峠に向かう予定が、下りルートを間違えてコースアウトし、戸田漁港の方向に降りて行った事が判明。ロード沿いに戻る事にしました。

・戸田峠~達磨山(29分03秒)
ようやくここから西伊豆スカイラインに沿った伊豆山稜線歩道に入ります。高い木々が無く、非常に見晴らしのよいトレイルです。但し風が強く、体感気温が低いです。小達磨山を越えて今回のルートで最高点の達磨山(982m)に到着。

・達磨山~船原峠(53分17秒)
達磨山までは、急な上りが続きましたがここからは下り。古稀山(870m)、伽藍山(867m)を越えて船原峠(570m)到着。

・船原峠~宇久須峠(1時間14分21秒)
小刻みなアップダウンが続きます。棚場山を巻き、南無妙峠(720m)、土肥峠(720m)、魂の山(933m)を越えると宇久須峠(853m)に到着。
このあたりで今日の最終目的地である天城峠へは時間的に難しいかなって言う感じになりました。途中で湯ヶ島温泉方向に下山しようと言うことになり、仁科峠の先にある、西天城高原「牧場の家」で稜線トレイルから離れる事となりました。

・宇久須峠~仁科峠(43分26秒)
風早峠(770m)まで下ったあとは、最後の上りである仁科峠(895m)へ到着。

・仁科峠~牧場の家(29分01秒)
時刻は16時ちょっと前。牧場の家は16時閉店でしたが、ソフトクリームだけは間に合いました。ここで20分ぐらい休憩して今度はロード沿いに風早峠まで戻ります。

・牧場の家~持越温泉バス停(1時間16分41秒)
ロード沿いに仁科峠を経由して風早峠まで戻り、県道59号線を天城湯ヶ島目指して走ります。ずっと下りでしたが、疲労が蓄積してたのでなかなか大変。
持越温泉付近でバスが発車準備をしているのを見つけました。1日に2~3本しかない貴重なバスです。バス停の時刻表を見ると、あと10数分で来ます。天城湯ヶ島まではまだ5~6kmぐらいあるので、さすがにもう走る気がしません。よってここを本日のゴールとしました。時刻は17時30分ぐらいでした。

その後は、天城湯ヶ島では下りずに、修善寺までの途中にある「湯の国会館」と言う温泉に入り、疲れを癒しました。
修善寺に戻ってから、駅前でラーメンを食べて、20時過ぎの電車に乗り三島経由で東京に戻りました。
帰宅は24時ちょっと前でした。

まとめ
・ウェアリング
上:ドラウトセンサー(ファイントラック)+ウィンドブレーカ(モンベル)
下:保温性タイツ(アシックス)+3/4パンツ(TNF)
・水 1.5リットル+500ml(牧場の家で補給)
・稜線沿いは風が強く、寒く感じるのでウィンドブレーカは必需品。
・補給ポイントはほとんどなし。仁科峠の先にある牧場の家ぐらい。
・全般にわたり見晴らしのよく気持ちの良いトレイルである。
・小刻みなアップダウンが多く、距離の割りにハード。
・稜線に入ると、どこかでみたような距離表示付きの案内板がそこかしこにある。
・トレイル全般に整備が行き届いていた。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-02-08 12:10 | トレイル
久しぶりの高水山
 今日は予定通り、アップダウンの負荷訓練をするために青梅高水山に行って来ました。走ったコースは、昨年の30kmコース、所要時間は3時間39分34秒。

 朝、スタート地点でかげマルッさんを待ってると、どこかで見た事のあるランナーさんが近づいてきました。ひょっとして、と思ったらやはりハリマネさんでした。4.2km地点まで行くらしい。
今日、八ヶ岳組はどうなってるのでしょうね?なんて話してると、かげマルッさん登場。結局3名が同時にスタートを切りました。

旧30kmコースは今回が初めて。山頂の手前で林道をしばらく下って行き、尾根を登り返して行くと言うのは、かなりいやらしい設定です。来年はまたこのコースに戻るとのうわさがあり、やっかいです。

途中で何名ものランナーと出会いました。ハイカーよりも多かったんじゃないかな? カセージンさんとも久しぶりに会いました。

山頂までの往路は1時間53分35秒、復路は1時間45分59秒 合計で3時間39分34秒でした。浅間峠までのタイムとほぼ同じ、アップダウンによる負荷はこちらの方がキツイかもしれません。

走り終わった頃に雨もタイミング良く降り出し、今日は近場で済ませて良かったかも。
最後は天徳で天丼ごはん大盛りを食べて、おなかいっぱいになりました。
かげマルッさんは雨の中、1時間半ぐらいかけて自転車で帰るとのこと。お疲れ様でした。
[PR]
by kurisuke64 | 2008-09-21 15:52 | トレイル
明日からようやくトレイル再開
 約2ヶ月トレイルから遠ざかってました。7月6日にみんながキタタンで苦しんでた時にハセツネ試走をやって以来、奥武蔵モードに突入したのでトレイルは封印してました。
・・・・で、明日(31日)は久し振りに行ってきます。浅間峠~ゴールまで。天候が少し不安ですが、気温が低めなのがせめてもの救い。

 早速、近くのイオンに行って補給食の買出し。いつもの事ながら、イオンのライトミールシリーズで揃えてます。
c0162277_1320613.jpg
・右はsoyjoyのイオン版大豆バー(1本98円/100kcal、たまたま7本セットで648円でした)、soyjoyよりもこちらの方が好きです。
・左上はカロリーメイトみたいなもの(1箱4本入り128円/100kcal×4)
・左下はゼリー(1個98円/160kcal)。
これらを組み合わせて大体1000kcal(大豆バー3本、ゼリー2個、ブロック1箱)前後になるようにして持ってきます。
スポーツドリンクは、こちらもイオン版ポカリみたいなもの。1袋/1リットルで10袋568円。いつもはハイドレに2リットル、予備にペットボトルに500ml持ってきます。
 定番のカーボショッツやパワーバー等は単価が高いので普段は使いません。使うのは本番の時ぐらいかな?

第16回ハセツネまであと 6週間!
残り試走機会 5回
今年の試走実績 2回(97.6km)
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-30 13:55 | トレイル
雨の日は・・・・
昨日の光が丘がちょっと走行距離不足気味だったんで、今日はどこかトレイルに行こうかと考えてましたが・・・・・、朝からあいにくの雨。
ハセツネコースならこの時期にしては気温も低いし、雨中走行練習にもなると思ったけどやっぱりやめ。
その代わりに、先日発売されたばかりのこれ、
c0162277_163363.jpg
買ってきて早速モチベーションを上げる事としました。

 本番まではあとに50日、ということでこれから出来る攻略法とかが出てます。負荷をかける練習はやはり2週間前まで、その後は調整に当てるとの事。となると週末の試走は9月28日まで。残すとこ週末はあと5回しか無いんですね。
 補給食に付いては、練り梅チューブが隠れた定番アイテムということで取り上げられてました。知り合いの間で以前より話が出てましたが、まだ一度も試した事はありません。この機会に試してみようかな・・・。
 シューズでは、モントレイルがコンチネンタルディバイドのGTXバージョン出したんですね、ようやくといった感がありますが。あとはストリークとコンチネンタルディバイドの中間的な位置づけのワイルドウッドTRと言うのを出してきてます。

さて、あと5回の試走でどんな事が出来るか、スケジュール立案してみました。
ポイントとしては
・昨年スタミナ切れを起こした三頭山の登りの攻略。
・ナイトランでの下りのスピードアップ(特にラストの金比羅尾根)
の2点です。
三頭山の登りについては、毎回の試走コースに必ず含める。ナイトランについては、夜を徹しての走行で無くてもいいから、14時から15時スタートで五日市駅に22時~23時ぐらいに戻るようにすればそれなりの練習が出来る。
 試走案としては
1回目 五日市駅~鞘口峠    38km
2回目 浅間峠  ~本部ゴール 48.8km
3回目 浅間峠  ~本部ゴール 48.8km(午後スタートの後半ナイトラン)
4回目 浅間峠  ~本部ゴール 48.8km(午後スタートの後半ナイトラン)
 試走機会が5回あるうち上記の4回はやっておきたい。余裕があったら
5回目 五日市駅~日の出山(つるつる温泉) 60.5km
を含める。
今のところはこんな予定を考えてます。

第16回ハセツネまであと 7週間!
残り試走機会 5回
今年の試走実績 2回(97.6km)
[PR]
by kurisuke64 | 2008-08-24 17:04 | トレイル