カテゴリ:トレイル( 35 )
11日は名栗の偵察でした
4月11日(日)
30Kがあまりにひどい状態だった上、終わってからも足の筋肉が1週間張りっぱなし。
おかげでマル6日間休足にあてざるを得なかったので、日曜日は刺激を入れる意味で名栗U字の試走に行ってきました。

今年はスタート地点が変更になり、名栗湖を回ってトレイルに入るまでのロード区間が1km弱?伸びるみたい。
でも試走ではいつものごとく、さわらびの湯を起点&ゴールとして周回して来ました。
全29kmの内27kmぐらいを4時間30分弱。昨年の試走タイムとほぼ同じ。徐々にではあるが、トレイルでのエンジンが始動しつつありました。

ここの特徴は、前半がほぼ登り。棒の峰のピークへ延々と続く階段や、日向沢の峰に至るまでの走れない急登が2回もあったり。しかしその分、残り半分は下り中心となり気持ち良くとばせるコース。ちょっとキツイけど練習するにもいいコースです。

トレイルの状態は、ここのところの悪天候で木の枝がトレイルに散乱していたうえ、倒木が何ヶ所かあり、途中で通り抜けるのに難儀した箇所がいくつかありました。
(走ってる途中で、CW-Xのロングタイツを枝に引っ掛けて、穴を明けてしまいました)
長尾丸山のピークを迂回する巻き道は倒木がひどいため、しばらくはピークを踏むルートを取ったほうがいいでしょう。(直角に右方向へ登っていくルート。直進が迂回ルート)

今度の土曜日にも、もう一度試走する予定。そのあとは24日にsuuさん企画の野辺山鍛錬。今回はプラン通りにフル走破できるかな?
[PR]
by kurisuke64 | 2010-04-16 00:37 | トレイル
日本橋からの大山詣で
10日に行われた大山登山について、装備、補給等各テーマごとにまとめておきます。

・コース
 スタートは深夜0時、日本橋から第一京浜(R15)に沿ってまずは横浜まで
その後東海道(R1)に沿って辻堂まで
辻堂からは大山街道で9時15分ぐらいに伊勢原駅
伊勢原駅から大山山頂に12時30分ぐらいに到着
下山して鶴巻温泉までの約95km、ゴールは14時40分ぐらい

・同行者
 マカニさん、アゴヒゲさん

・走行ペース
 信号待ち込みでキロ7.5分と言うことみたいです。でも体感ではキロ6分ぐらいだった感じ。
 なにしろ信号の点滅時にペースを上げて渡り切ってしまうので、局所的にはキロ5.5分ぐらいにはなってたとの事です。

・服装
 アンダーはフラッドラッシュスキンメッシュ(ノースリーブタイプ)、その上にドラウトセンサー(ハーフジップタイプ)を着用。さらにライトシェルベスト(モンベル)を着用。
 3枚の重ね着であったが、ベストがアームホールから余計な熱を逃がしたためか、暑過ぎる事はなかった。昼前に大山への登り坂でベストを脱いだ以外は、常時着用していた。
 アンダーに着用したフラッドラッシュが汗冷えを防いだ事も効果大。夜を徹して走行中に体が冷えることなく、適度な保温性があり快適であった。
 その他、保温性タイツ(アシックス)、マウンテンカーゴ3/4パンツ(TNF)を着用。
 寒波の来る前だったので、極端な冷え込みはなく、手袋やイヤーバンドは途中から外した。

・シューズ
 アディゼロXT(09年春モデル)を使用。
 コースの9割以上がロードであったが、アディゼロXTでまったく問題なし。

・気温
 夜間は相当冷え込む事を覚悟していたが、風もなく予想外に寒さは感じなかった。スタート直後は手袋やイヤーバンドを着用していたが、次第に暑くなり、途中から外した。昼になると晴天で少し暑いぐらいであった。
 但し、大山山頂は寒かった。

・補給場所
 第一京浜沿いや東海道沿いには、コンビニや自販機が豊富。100円の格安自販機も多くあり、補給に不自由はなかった。伊勢原駅に小田急ストアあり。
 補給について
 スタート前にマクドでハンバーガー
 1回目 自販機でペット500ml
 2回目 コンビニでピザまん+ペット500ml
 3回目 コンビニでペット500ml
 4回目 コンビニで朝食(缶コーヒー+リンゴデニッシュ)
 5回目 伊勢原駅でペット500ml
 6回目 コンビニでペット500ml
 その他、走行中にソイジョイ3本、パワーバー1本、チョコを消費。水分の消費は合計2.8リットルぐらい。

・温泉
 鶴巻温泉駅前の弘法の里湯(入浴料1000円)。3連休の真ん中だけあって、かなりの混雑。

・反省点
 深夜のスタートだったので、昼に仮眠を取ろうとしたが満足に取れず、走行距離の割にはキツカッタ。
なにしろ9日は8時30分に起きて、神田明神へ初詣。帰宅後、15時ぐらいから19時まで布団に入ったがあまり寝付けなかった。
 水分以外の補給が不十分だった事と上述の睡眠不足で、胃腸に少しダメージを受けた。よって打ち上げの酔笑苑でシロコロはリタイア。これで昨年に続き2年連続でシロコロにありつけませんでした(涙)。

代々木RCで一昨年(08年)から毎年の恒例になりました大山詣。昨年はインフルエンザの猛攻により、直前キャンセルでした。今年は徹夜の走行で何とか頂上までたどり着きました。さて来年はどうなるでしょう・・・。
                                                      
[PR]
by kurisuke64 | 2010-01-11 12:33 | トレイル
新春恒例、大山登山
1月10日は代々木RCの大山登山に行って来ました。
コースは日本橋~国道15号~横浜にて国道1号~藤沢で大山街道~伊勢原駅~大山山頂~鶴巻温泉
の約95km。
深夜0時にスタートし、夜を徹して走り、鶴巻温泉に14時40分ぐらいに到着しました。

スタートはマカニさん、アゴヒゲさんとの3名。春山さんのサプライズなお見送り、ありがとうございました。
大山山頂にて、伊勢原駅9時スタートの代々木メンバーと合流。
参加された皆さん、お疲れ様でした。

95kmもの長丁場で補給が不十分だったためか、少し内臓にダメージを受けたらい。よって打ち上げの酔笑苑シロコロは、あえなくリタイア(涙)。

その他、詳細は後日。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-01-11 12:11 | トレイル
みたけ山トレイルラン2009の応援
12月13日(日)
 みたけ山の応援ランするので、せっかくだから拝島駅からスタートし現地まで走って行こうと企み、膝の怪我が癒えていないゆぅさんを引っ張り出して朝の7時から約26kmを走りました。レースが約15kmだから、選手よりも走ったなぁ・・・・・。

コースは拝島の駅からR16を越えてたまリバーに出てそのまま北上、羽村の0km地点を過ぎてからも道があったのでずっと川沿いを走って行きました。0kmより先はこんな感じ。
c0162277_0224637.jpg
圏央道の手前から橋を渡り、滝山街道に入りあとはみたけ山まで一本道。ロープウェー山麓駅に着いたときには、ちょうどウェーブスタートの第一陣がスタートした直後でした。第二陣の皆さんが並んでたので誰かいないかなっ、て回りを見回すと、うしろからyafushigeさんに声をかけられました。聞けば先頭あたりにハリ天さんが並んでるとの事。皆さん頑張ってください。

そうこうしている内に第二陣もスタート。後ろの方は案の定、スタートから渋滞が始まってました。
c0162277_03748.jpg
とりあえず、最後尾のあとを追う形で選手の皆さんと一緒に走り始めます。それにしてもスタート直後の登り坂はかなりキツイですね~。舗装路ですけど、傾斜がキツイしうねうねと曲がりくねっています。拝島から20km以上を走ってきて最後にこの坂を上がるのは、かなりな負荷がかかりました。

コース上ではsuuさんが専属カメラマンとして選手の皆さんを撮影。そのちょっと先ではハリマネさんもいつもの如くカメラを片手に応援されてました。
c0162277_193953.jpg
今回もしっかりと写してもらいました。

この後はゴール手前の過酷な階段で(選手にとってはかなり辛い)皆さんを出迎えました。
ハリ天さん、モトチカさん、リキさん、junさん、sasashinさん、yafushigeさんお疲れ様でした。モトチカさんはゴール後に宿坊に寄らず、金比羅尾根を下って帰ったそうな、元気だね。
それから  しらちゃん、着ぐるみでの応援お疲れ様。
c0162277_1374521.jpg


帰り道ではいつもの如く、河辺駅前の梅の湯にて温泉&ビール。偶然にも雲取帰りのmorikatuさんと遭遇。山頂は雪だったとか・・・・・。    
相変らずここでは知り合いとの遭遇率が高いです。

写真提供はゆぅさん、ハリマネさん いつもありがとうございます。

今月の予定
・12月19日(土) 代々木RC忘年走会
・12月23日(水) 小虫さんのミニロゲ@入間、エントリ検討中、なにしろ近所ですから・・・・
・12月27日(日) 2009年の走り納めでたまリバーを羽村から羽田まで50km+α走ります。

Count Down!
・第18回大会まで週末があと 42回 やってきます。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-12-16 01:40 | トレイル
命名!quattro-ten。
 先日決めたこの先1年のキャッチコピー(標語)ですけど、アゴヒゲさんが ご自身のブログのコメント欄 にて表記のように名づけてくれました。
早速、採用させて頂きます、ありがとうございました。

今後は気分次第で、Quattro-10、とかQuattro-Tenとか少しづつ表記を変化させるかもしれません。どちらにしろブログの本文中にてquattro-tenの実現とか、quattro-tenプロジェクトを始動させるとか、この標語を指し示す際に、様々な言い回しが可能になりました。

ところで前回の日記で取り上げた荒川マラソン。本日(16日)にフルマラソンの部はランネットでは締め切りになったそうですね。急いで申し込んどいて良かった。

明日17日は清掃登山です。07年から続けて3回山耐にエントリーしてますが、まだ一度も掃除をしてませんでした。人一倍さんざん走りこんで荒らした(?)トレイルですから、気持ちを新たにする意味も込めて参加してきます。
いよいよQuattro-Ten Projectの始動です。

繋げます、’10101010時間(台)のゴール

第18回大会まで週末があと51回やってきます!
[PR]
by kurisuke64 | 2009-10-16 23:36 | トレイル
レースシミュレーション
いよいよあと木、金、土の3日しかありませんね。
先週のトラブル余波のため、週の初めは階段の上り下りがちょっと辛かったです。けど食事もしっかりと取れるようになり、体力も徐々に回復。今日(水曜)は雨で外を走れませんでしたので、家で筋トレ。スクワット300回、腹筋100回をこなし、体に刺激を入れるようにしました。

さて今年も試走タイムを元にしてレースシミュレーションしてみます。

スタート~浅間峠 3:17(3:17)
ここはもう今年はお馴染みの区間でありペースの配分は問題ないでしょう。できれば3:15ぐらいで入りたいのですけど、そうするとあとに響くので適度に抑えてといったところ。

浅間峠~西原峠  1:30(4:47)
西原峠~三頭山  0:47(5:34)
三頭山~鞘口峠  0:20(5:54)
鞘口峠~第2CP   0:35(6:29)
三頭山の登りは昨年と比較して確実に5分は短縮してます。おまけにエコモードでの登り方が身に着いたらしく、疲労度がかなり軽減。後半に向けてスタミナをかなり温存できるようになってます。
鞘口までの最速は5:49なので、夜間である事も考慮してちょっと余裕を持たせる。第2CPには6:30に到着を目標。

第2CP~御前山   0:50(7:19)
御前山~大ダワ  0:37(7:56)
大ダワ~大岳山  0:45(8:41)
大岳山~長尾平  0:41(9:22)
ここの区間は後半の失速や足場の悪い下りを考慮して、試走タイムよりも+5分づつ余裕を持たせる。
第3CPまでは9:20を目標。

長尾平~日の出山 0:30(9:52)
日の出山~ゴール 1:10(11:02)
最後の区間をしっかりと走りきればタイムは短縮可能でしょう。今年は金比羅尾根を1時間ちょっとで気持ち良く駆け下りて行きたいですね。

・10月11日まであと 3日 です!
[PR]
by kurisuke64 | 2009-10-07 22:41 | トレイル
ライトについて
 先日のナイトランにてみんなが使ってるミオXPがやたらと明るく感じた。一方、自分のヘッドライトはBlackDiamondのアイコンを使用したが、なんか暗いな~なんて思ってました。
気になったのでネットでいろいろとスペックを比較して見ると

・最大モードでの使用時間による照射距離の変化(カッコ内は初期との比率)
 ミオXP  初期72m→30分後59m(82%)→10時間後39m(54%)
 アイコン  初期80m→30分後61m(76%)→10時間後48m(60%)
照射距離からみるとアイコンの方が優れてます。光束はミオXPが85ルーメンに対してアイコンは記載無し。
暗く感じたのは電池が減っていただけなのか?ナイトランに使用するなら、10時間以上経過したら明るさが半分ぐらいに低下するので新しい電池に交換した方が良いのかも知れませんね。
→昨年、ハセツネで使ってから電池はそのままでしたので、明るさは半分以下に低下してました(笑)。

・重量はミオXPが175gに対して、アイコンは188g。共に単3電池3本込みの重さ、あまり変わらないね。一方、コストパフォーマンスが高いGENTOS HW-767Hは205gで単3電池1本分ぐらい上記2モデルよりも重い。明るさは150ルーメン。照射距離の変化は記載無し。

・値段はミオXPが9000円前後、アイコンが7770円、HW-767Hが安いところで3500円。

HW-767HやミオXPも魅力だけど、アイコンもそれなりのスペックだということがわかったので、今年も引き続きこれを使用。要所要所でGENTOS閃309が足元をしっかりと照らしてくれるので問題ないでしょう。ひょっとしたら閃309を1本追加して2本作戦で行こうかな?


・今年の全区間試走は 9月12日(土) 7:00~ 五日市駅スタートにて 実施します。
・10月11日の本番まで週末があと 6回 やってきます!
[PR]
by kurisuke64 | 2009-08-28 02:15 | トレイル
雲取ナイト
 22日(土)は雲取山へナイトラン練習に行ってきました。ロードのナイトランは平日たまにやってますが、トレイルは昨年のハセツネ以来です。メンバーはモンブランを直前に控えたsuuさん、JUNさんと来年のアレに向けて野営技術の習得に余念の無いゆぅさんの4名。
 このナイトラン、当初は天の川を見に行こうという目的でした。18時45分の走り始めはちょっと雲がかかってましたが、山頂に近づくにつれて徐々にが見え始め、山頂に到着した時点では、頭上にきれいな星空を見ることができました。
東京都でもこんなにきれいな星空が見えたんですねって、一同しばし頭上を見上げたままでした。
周囲の木陰にはシカも多数出没してました。目が光ってるのが印象的です。雲取山にこんなにもシカが生息してたとは・・・・。

 ゆぅさんはここでツェルトを張り宿泊場所の確保。さすがは南アを数日間放浪しただけあって、手際良く寝場所を設営してました。
山頂は下界と違って、気温が15度ぐらいで涼しいと言うよりは寒い。ツェルト設営作業や星空を眺めてたらすっかり体が冷えてしまいました。ゆぅさんに別れを告げ、下山を開始します。

ヘリポートのあるところまで来ると気温も上昇し、視界も開けてるので、再び星空の鑑賞会。
10分ぐらい経過した頃でしょうか、突然に向こうの草むらから明らかに小動物でないドスッ、ドスッと言う足音が響き渡りました。
まさかッ・・・と思い、あわててその場を離れました。熊鈴を持ってたのが自分だけだったので、必要以上にジャラジャラと鳴らしながら一目散に下山を開始。七つ石山への分岐まで来てホッとひと安心しました。

その後は快調に下りを飛ばし・・・・・・・・・・と思ったら、舗装路まであとちょっとと言うところで、つまずいて転倒。膝や手の甲に切り傷を作ってしまいました。8月2日の見えない疲れが完全に抜け切って無いせいか、微妙なバランス感覚を保つことが出来てませんでした。

鴨沢バス停に到着した頃は深夜24時30分を回ってました。山頂での休憩含んで往復5時間46分でした。下りは2時間を切ってたんじゃないかな?

・今年の全区間試走は 9月12日(土) 7:00~ 五日市駅スタートにて 実施します。
・10月11日の本番まで週末があと 6回 やってきます!
[PR]
by kurisuke64 | 2009-08-24 08:08 | トレイル
XTのその後・・・・。
 先日の日記にてインプレッションを書いたアディゼロXTですが、今日は薄手の靴下を履いて狭山湖までのアップダウンのあるロードを10.6km走ってみました。
結論から言うと、やはりサイズが小さかったみたいです。
普段、ロードシューズやトレイルシューズは25.5cmを履いています。今回のアディゼロも25.5cmを購入。

ロードを走ってみると、トレイルシューズとは思えないほど軽快に走れました。しかし着地をするたびにつま先がアッパーに当たりました。また、少しでも下りの傾斜があると、つま先が窮屈に感じてしまいました。アッパーの素材が柔らかいので、当たっていてもすぐに痛みは感じられませんでしたが1時間弱のロードでこのような状態でしたから、トレイルやロードの長距離はちょっと無理ですね。
サイズを0.5cm上げて26cmにすれば、印象はかなり違ってくるものと思われます。明らかなサイズ選定のミスでした。

ちなみに数年前、アシックスの3D足型測定機により自分の足を測定してもらったら、素足の実測で左24.9cm右24.7cmとほぼ25cmジャスト。
ただしワイズ(足幅)がJIS規格で左右ともC。日本人の平均的なワイズが2Eもしくは3Eに対して3~4ランク下です(C→D→E→2E→3E→4Eの順に足幅が広くなる)。
そして甲の高さも平均よりは極端に低いとなってます。

この測定データからするとアディゼロのような細身のタイプはジャストフィットするんじゃないかと思われますが、測定データで表われないポイントが一点あり。それは、つま先の厚みが意外にあるみたいです。ので今回もここで引っかかったようですね。

今まで履いたもしくは現在使用中のシューズはどんなだったかと言うと・・・・・
・New Balance
 25.5cmの2Eであればほぼ間違い無し。かかとの部分が狭く甲も低いのでしっかりとフィットしてくれる。つま先部分はかなりユトリがあるが、足が前にずれる事は無い。
・MIZUNO
 ウェーブライダーの8と9を履いている。全体的に細身であり、つま先部分も上述のNBよりも狭いが問題なし。過去3回の奥武蔵UMではウェーブライダー9を使用。ロードの勝負シューズとしてます。
・ASICS
 以前、GT2100シリーズを購入したが、幅が広すぎた。昔はターサーを履いていた事もあるが、ASICSは年々ラストの幅が広がってきたみたいなので、最近はあまりチェックしてない。
・montrail
 初めて買ったトレイルシューズがハードロック(07年モデル)でした。こちらも今思えば、実はつま先がきつかった。いつも親指が黒爪になってました。でも最近はラストが変わって幅広になってきたみたいです。
・SALOMON
 2番目に買ったトレイルシューズがXA PRO 3D XCR(08年)。つま先が広く、かかとや甲がしっかりとホールドされててフィット感が抜群でした。モデルとしては07年の継続。但し08年から出た他のモデルからつま先のプロテクションがしっかりしたためか、親指がアッパーに当たるようになってしまった・・・。
・VASQUE
 3番目に買ったのは旧モデルのブラー。幅が広いんですが、紐をしっかりと締めると足が安定します。グリップもいいので安心して履いてます。30Kや名栗U字でいずれも好タイムを記録。今年の本戦はほぼ間違いなくこれで行きます。
ただし、現行モデルのブラーSLは1サイズ下げて25cmでないとダメみたいなので、次の買い替えにはこれを選ぶかどうかは不明。

というとこです。

アディゼロXTの25.5cm どなたか知り合いでサイズの合う人おりますか?
まだ2回しか使ってません。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-08-20 00:26 | トレイル
かげマルッさん提供!谷川馬蹄形ツアー(続編)
ミ★
えっ~と前回は白毛門までの話でしたよね。ここから先はすごい景色の連続!走っている自分の左右を流れる雄大な谷川連峰って感じです。
c0162277_18543785.jpg
かげさんのバックにあるような雄大な風景が広がってます。

さて、白毛門(1720m)を過ぎると笠ヶ岳(1852m)を越えて標高2000mに迫る朝日岳(1900+α)にたどり着きました。
c0162277_18584244.jpg
その後は清水峠(1440m)までの下り。しかしこのトレイルが非常に走りづらい・・・・・・・。
なんとか清水峠に近づくと
c0162277_1904021.jpg
いい感じの景色が広がってました(写真提供Agiさん)。手前が避難小屋、奥が東電の監視小屋です。ここでちょっと小休止。

そしてちょっとキツメの上りを進むとしばらくして七つ小屋山(1675m)に到着。ここでは有人の山小屋があり、ビール等飲み物を売ってました。若干名はアルコールを注入した方々もおりました。自分は越冬コカコーラを入手(笑)。ホンとに一冬過ごしたのでしょうか?
ここではゆぅさんの提供により、チーズフォンデュをいただきました。トレイル中に豪華な食事、どうもありがとうございました。写真等はかげさんのブログを見てください。ここでは1時間ぐらい休憩してしまいました(汗)。

その後は蓮峠(1529m)、武能岳(1760m)、茂倉岳(1978m)を越えて一の倉岳(1974m)へ。
途中こんなところを通過しました。
c0162277_19123331.jpg
ふり返ると絶景が・・・・・。
c0162277_19142421.jpg
さらにこんなところもありました。
c0162277_19153597.jpg
この雪解け水が谷川岳の源流となり利根川とかの水源になっているのでしょう。
谷川岳(1977m)を越えるとあとは下りのみ。肩の小屋に到着すると、ここは有人の山小屋になってました。94年ぐらいに来た時はまだ無人でした。

そして最後は天神平からロープウェー直下のゲレンデを下り無事にゴール。
11時間弱の長旅でした。

帰りは谷川温泉、湯テルメ谷川(550円)に入り、疲れを癒しました。露天風呂よかったです。
かげさん、いろいろとありがとうございました。ゆぅさん御馳走様です、さぞかし荷物が重かったでしょう。車を出してみんなを乗せてくれたかげさん、Tomoさん、suuさんお疲れ様でした。なべさん、あんさん、ランブラーさん、junさん、Agiさん、リキさん、大変お疲れ様でした。気の合う仲間と一緒で非常に楽しかったです。
写真は例によって皆さんのアルバムから拝借いたしました、ありがとうございます。
またどこかのトレイルに行きましょう。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-28 19:29 | トレイル