カテゴリ:奥武蔵( 29 )
そろそろ動き出しましょう。
3月16日(土)
 いつの間にやら3月も後半に入りました。
先日の14日は、googleリーダー消滅のニュースで関係各所はいろいろと騒がしかったですね。おかげで引っ越し先を引き受ける予定のサイトはずいぶんとつながりにくかったです。

さて、今年に入って大山(1月)、神田ロゲ(2月)以外はまともに走ってない日々を過ごしてしまいました。この先は板橋や30kとかあるんで、さすがにナマッた体を元に戻さなければマズいなってことで、先週末から奥武蔵鍛錬をしてました。
先週は鎌北湖〜顔振峠の先の傘杉峠26.7km。今日は鎌北湖からちょっと頑張って高山不動まで32.6km。2、3年前なら最低でも往復で40kmぐらいはこなしてたけど、今はこのぐらいが精一杯。
少しづづ慣らしていきますか。

今後の予定
3月24日 板橋シティ
3月31日 宮沢湖トレイル駅伝の応援(+補欠で出場?)
4月14日 30k
4月20日 山の掃除
あと高水の応援は多分行く。UTMFの応援はどうしようかな?
[PR]
by kurisuke64 | 2013-03-16 17:45 | 奥武蔵
5回目の完走!奥武蔵ウルトラ\(^o^)/
 8月7日(日)
 2007年から5年連続してエントリーしているこの大会、5年目の今年も何とか5度目の完走することができました。

 内容的には、全行程を歩くことなく走りとおしました。
・・・・というのも昨年は内臓をやられて、散々。途中からまともに走れず、最後のユガテの坂を冷や汗をかきながら歩いて登ったぐらいでした。
今年も去年同様にレース中に内臓をやられたんですけど、早め早めにトイレ休憩を取ったため、しっかりと走れることはできました。復路のユガテの坂も、周りのランナーがみんな歩きながら登っていたところを、良いペースで走って上ることができました。
ちょっとしたトラブルはありましたが、それなりに納得した展開でした。


しかしながら終わってみたら、8時間32分。昨年の8時間24分をさらに上まわるワースト記録を更新してました。
 エイドでの滞留時間が長かったのと、平均的なスピードが明らかに落ちてきたためか。

反省点としては、昨年から起きてることだけど、内臓へのダメージを少なくするには、エイドでの水分補給も2回に1回ぐらいに抑えておいたほうがいいのかな?
普段はなるべく水分補給を節約しながら走っているので、3kmおきに豊富に配置されてるエイドで毎回補給をするのって逆効果になってるみたい。
[PR]
by kurisuke64 | 2011-08-11 01:22 | 奥武蔵
今日は涼しかった奥武蔵
7月22日(金)
 富士登山出られた方々、大変お疲れ様でした。コンディション良く、自己ベストが続出だったみたいですね。Twitter上でかなり盛り上がってました。

さて、今日は天気予報で30℃以下の予想だったため、4週連続4回目の奥武蔵通いをしてきました。(せっかくの金曜休みなんだから、富士山へ応援行って来ればよかったのに……。という声もありますけど。)

7月に入っての3回はあまりに暑くてまともに走れず、ぶな峠(刈場坂峠の手前)までしか行けてない。今回はもっと先まで行けるだろうということで、先の先にある大野峠まで行けました。
鎌北湖~大野峠往復 50.2kmを5時間42分31秒。タイムは昨年同時期と比較すると30分ぐらい余計にかかってます。

グリーンラインでの体感気温が先週と比べて明らかに5~6℃は違ってました。走ってて非常に気持ちよかったです。4回目にしてようやくまともな練習ができたという感じ。
不動茶屋の自販機は、ペットボトルが残ってました。明日試走される方は大丈夫でしょうけど、あさってはどうかな?

来週はまた暑さが戻ってきそうだから、試走はこれにて終了。代わりに勇者たちの足跡をたどって、涼しい場所に行ってくるか・・・・・。
[PR]
by kurisuke64 | 2011-07-22 20:03 | 奥武蔵
あと2週間ちょっと
前回のTGGレポ続編を放置状態のまま1ヶ月過ぎちゃいました。せっかくM氏からゴールシーンの連続写真を撮ってもらったのに、載せずじまい。これらは折を見て掲載します。

さて、ここ1ヶ月は世間では夏のレースが各地で開催され皆さんご活躍の模様。
こちらは7月に入り、奥武蔵通いを開始。木金休みのため、試走ランナーと出会うことも少なく静かなものです。

7月1日(金) 鎌北湖~飯盛峠の手前往復 36km 
 この日は前日にかどきちさんの送別会があり前日は0時過ぎに帰宅。さすがに調子が出なかった。
7月8日(金) 鎌北湖~ぶな峠往復 41.4km
 暑かったため、ペースが上がらず4時間52分かかった。水も3リットル消費。
7月14日(金) 鎌北湖~ぶな峠往復 41.4km
 不動茶屋の自販機でペットを補給しようとしたら売り切れ、缶コーヒーのみだった。ここで冷たい水を補給せずパスしたせいか、先の飯盛峠付近で熱中症になりかけた。何とかその先のぶな峠までたどり着く。再び不動茶屋に戻ってきて、冷たい缶コーヒーでちょっと生き返る。
その後は顔振峠の茶屋でペットを補給。ついでに氷ももらう。
鎌北湖についたら、5時間7分かかってた。今回も水は3リットル消費。

今年の夏の試走は走行距離の割に水の消費が多い。暑さで相当体力を消耗したみたい。練習効率を考えれば、もっと標高の高いとこに行ってたほうが良かったかな?
レースでは3kmおきぐらいにエイドがあるので空身で走れるのが唯一の救い。

あと2週間、さてどうやって仕上げるか?



PS 明日、富士登山出られる方、楽しんできてください。
 
[PR]
by kurisuke64 | 2011-07-21 10:45 | 奥武蔵
コソ練奥武蔵
2月19日(土)
鎌北湖~関八州見晴台下までの往復36kmを3時間45分。

野辺山まであと3ヶ月と迫っているので、少しずつ林道やトレイルでアップダウンの負荷をかけた練習を開始していきます。(今回、UTMFはエントリーせず)
今日は珍しく水はペットボトル1本のみ。いつもは1リットルぐらい背負うのに、今の段階ではちょっとキツイ。軽量化すると奥武蔵を走るのがかなり楽でした。
顔振峠から先は標高が上がり、日陰には所々に先日の雪が凍結していました。でも厳しい寒さは感じられなかったので、そろそろ通い始めても問題なさそうですね。
ハイカーは何人か見かけたけど、さすがにランナーは1人だけしかすれ違いませんでした。

たまりバー鍛練の今後
11月から毎月やっているたまりバー鍛練は、来週26日(土)に第4回をやったら、一旦終了。
その後は奥武蔵の鍛練に切り替えます。
基本コースは武蔵横手駅から沢沿いに上がって行き、奥武蔵UMのコースに沿って走り、最後は武甲の湯まで行きます。片道で37kmぐらい。ロードと並行してトレイルもあるので、いろいろと選択できます。
次にたまりバーを走るのは、4月の恒例行事・妄想野辺山鍛練になるかと思います。suuさん&junさん、よろしくね。

では5月のウルトラレースに向けて、鍛錬を積みましょう!

PS
2月13日には第2回の銅像ロゲに参加しました。主催者のsuuさん、junさん、ゆぅさん、昨年に引き続きありがとうございました。スタッフのランブラーさん、お世話になりました。
またよろしくお願いします。
[PR]
by kurisuke64 | 2011-02-19 17:51 | 奥武蔵
史上最大の敗退@奥武蔵
8月1日(日)
2007年から参加し続けて4度目となる奥武蔵ウルトラマラソン。昨年の涼しさとうって変わり、おそらくは過去4回の内で最高の猛暑。上位のランナーを除き、たいていの参加者が30分~1時間タイムを落とす中、昨年比で1時間24分オーバーの8時間28分という4年前の初参加時を遥かに下回る結果に終わってしまいました。まさしく今年の状態を象徴するような最悪なレースでした。

スタート1時間前から自販機で缶ジュースを購入し、水分を補給するぐらいに暑さを感じる。この時点でいつもとはちょっと様子が違うことをうすうす感じた。

スタート後はいつもながら多少ペースが速くなりがち。自重しながら行けば、やがて自分のペースに落ち着くところだが、なぜか5km通過した時点ではやくもバテ気味の状態に・・・・。
ちょっとした上り坂でもペースがダウンしてしまい、このままでは完走すら危ういかも?とまで感じた。

グリーンラインに入り、鎌北湖の激坂をやっとの思いで上りきり、あんきもさんのいる清流エイドにたどり着く。今日の状態ではこの先50km走って再びこのエイドに戻ってくれるか、まったく自信が無かった。
例年と違い、後続ランナーに追い抜かれてばかり。もはやタイムよりも目標は無事の完走、に気持ちを切り替える。

周囲のランナーに置いて行かれながらも顔振峠、高山不動をなんとか通過。ようやく飯盛峠にさしかかる。ここまでくれば気温も下がり、勾配もなだらかになって徐々にペースが上がってきた。40km地点で先行する折り返しランナーとすれ違うようになる。知り合いとハイタッチを交わしながら、後半の挽回を試みる。

折り返し点を過ぎて、大野峠エイドで水分補給をした直後から胃の調子がおかしく感じる。
暑さのため固形物を取れず、エイドごとに水分補給ばかりしていたので内臓にダメージを受けたらしい。せっかく下り基調になったにもかかわらず、ペースがまったく上げられない。
例年なら勝負どころのユガテの坂も今年は冷や汗をかきながら、スロージョグで登りきる。北向き地蔵を越えたぐらいから、所々で立ち止まり、ついには走れなくなり、歩きが入る。レース中に歩くのはこの大会に参加して初めての事。清流エイドまではあと100mちょっとの距離。歩きながらなんとかたどり着く。
トイレ休憩などしながら、ようやく胃の状態がおさまったことを確認し、ラスト5kmを走り出す。

平地に下りると、遥か先にペターさんの姿を確認。向こうもこちらに気付いてたらしい。最後ぐらいはペースを上げて、必死に追いかける。あいだにランナーが一人。総合公園の敷地に入って前方の一人を抜くのがやっと。結局ペターさんには1分差で追いつかず。

まさかの8時間オーバー、かつてないほどに苦しんだレースでした。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-08-03 02:04 | 奥武蔵
週末はいよいよ奥武蔵
 いつの間にかブログ更新が滞ってしまい、あっという間に今週末は夏の祭典がやってきます。
7月に入ってから3週連続の奥武蔵鍛錬やったら、かなり足にキテたので、4週目の先週末はハセツネコースの後半部分(都民の森~ゴール)を5時間かけて調整モードで走りました。

7月に入り、ようやく長距離の走りこみをするようになりましたが、ここまでの5ヶ月は今ひとつ納得の行く走り込みが出来てないようでした。
3月は荒川フルが中止となり肩透かしを食らうし、4月はハセツネ30Kでトレイルの走りこみ不足が露呈し大撃沈。4月下旬の妄想鍛錬ではスペシャルステージの生田緑地周回で大幅に遅れ、10時間を越えた時点でパフォーマンスの極端な低下に見舞われる。
5月に入ると、楽しみにしていた名栗U字トレイルが宮沢湖へ変更となり、標高差&距離の負荷が極端に低下。野辺山にエントリしておけば良かったと後悔・・・・・・。
6月は諸般の事情により、あまり長い距離やトレイルを走れませんでした。ツールド八ヶ岳やら多摩川源流トレイルとか練習機会は豊富でしたが、いずれも参加できず。

ふり返れば過去半年で長距離レースって一度もやってないです。最近は負荷の高いレースに出る事で経験を積み、実力を上げているランナーが多いみたいですから、周囲のレベルアップに対応して行くには、少し方針を変更する時期に来てるのかもしれません。

・・・・ということで今年は感覚的には60%程度の走力・負荷しか練習で出していないような気がします。去年のような追い込んだ走りこみをあまりやっておらず、過去4年のうちで試走時の負荷が一番軽いかも。
ので、今年は最初からある程度抑え気味にして、登り基調の前半を辛抱の走りで乗り切るしかないですね。
折り返せば、後半は下りでスピードに乗る事が出来るのでなんとかいけると思うのですが。
あとは灼熱地獄にどこまで耐えられるか?

では参加される皆さん、オクムのアップダウンを思いっきり楽しみましょう!
[PR]
by kurisuke64 | 2010-07-30 01:35 | 奥武蔵
このところの奥武蔵鍛錬状況
・・・・・・ (・・;。
2週連続の奥武蔵50kmコース鍛錬はさすがに疲れました。
7/4(日)、10日(土)と鎌北湖~大野峠往復を実施。
もっとも7/4は大野峠の手前数百メートルで折り返しましたけど。

7月4日(日)
刈場坂から先まで行くのはGW以来2ヶ月ぶり。湿度も高く気象条件はあまりよろしくない。上り坂ではところどころで歩きが入る。
この日は所沢8耐久レースの応援もあり、時間の関係上、大野峠手前で折り返し。最後の300mの上り坂は回避。
それでも5時間20分ぐらいかかった。

その後は航空公園8耐の応援に向かう。
終了50分ぐらい前に到着。この時間だとみんなのゴールシーンをじっくりと見られた。
YAMAYAさんは前日からのトリプル参加。フルはリタイヤでノーポイントながら8耐ではトップの成績で見事に逆転。総合で3位入賞。
caminoさんは8耐のみの参加で、4位入賞。
その他のみなさんも頑張ってました。山と違い、高温高湿度の平地を8時間もぐるぐる回るのは精神的に大変なこと。
1位で表彰された方は来年は招待だけど、うれしいのかなって思っちゃいます。

7月10日(土)
暑かったけど前回と比較して湿度が低い分、いくらかまし。
顔振峠の手前で、後ろからランナーに追いつかれた。振り返ると上述のcaminoさんでした。
武蔵横手からきたとのこと。そのまま併走してもらうことに。これは助かりました。
一人で走るよりも精神的にはるかに楽です。但し、走力がずっと上なので先行されちゃったらどうしようと思いましたけど・・・・。
caminoさんのヘルプで上り坂も歩くことなく走りきり、5時間13分。なんとか昨年並みの試走タイムが出ました。どうもありがとうございました。


asicsがホグロフスを買収し、完全子会社化するとのことですね。ビッグニュースです。asicsといえば、90年代後半にはマウンテンハードウェアの輸入販売(一部をライセンス生産)してました。そのころ買ったasics製のMHWブランドTシャツいまだに持ってます。
phenixとか日の丸メーカが、いつの間にか外資に買収されることが多い昨今ですけど、こういうニュースはちょっとうれしいです。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-07-14 04:32 | 奥武蔵
チームくりすけ出動!?
3月28日(日)
昨年に引き続き奥武蔵エリアを舞台としたロゲに参加。前回はロゲ前日の夜にアミノチームから欠員補充の要請があり、急遽出場。
今回はnaoさん、sasashinさんとチームを組み、男女混合の部にエントリー。実はこのカテゴリー、72チームもの強豪がひしめく大激戦区でした。結果は297点で19位。地図読みができなくて、得点のほとんどがグリーンライン沿いのエリアを足で稼いだ(走行距離約39km)にしては、わりと健闘したと言う感じ。

配布された地図をみると、CPが散らばっている印象を受ける。とはいうもののグリーンライン沿いを手堅く取っていくと言う基本方針は去年と同じ。但し、ロゲの定石に従い、遠方からゴールへ戻ってくるルートをとる。去年は逆をやって、見事に時間内に戻れず大減点でした。

まずは高麗駅からの電車に乗る事。小学校から駅までの途中で1ポイントを取り、大汗をかきながら電車に乗り込む。
吾野駅で下りると、CP23の男滝に向かう人数の多さにちょっとびっくり。男滝まではロード。男滝から高山不動へはトレイル。途中でモトチカさんたちに追いつく。
高山不動ではかどきちさん、アゴヒゲさんチームと見かける。ここから再びロード。

不動茶屋でグリーンラインに乗り関八州見晴台へ。
見晴台からはトレイルが伸びててこれを利用。この辺は初めて走るルート。どこへ出るのかと思ってたら猿岩分岐。しばらくロードをはしると傘杉峠。ロードとトレイル(ほぼ並行している)を繰り返して顔振峠。さらにロードを進むと、あの強烈ヘアピンカーブ手前に諏訪神社へのトレイル入り口。確か去年もここを通った記憶が甦る。
諏訪神社からは、トレイルを使って一本杉峠、十二曲がりを経てエビガ坂へ到着。そしてユガテへ向かう。
ユガテから北向き地蔵へはロードを通っても良かったが、ユガテの坂を上るのがキツそうだったので、トレイルで行く事を選択。このルートも初めて走る。しかしながらロードと同じくアップダウンがキツイ。最後は北向き地蔵の真下に出てくる。

ここからどのルートを辿るか、ちょっと迷ったあげくに武蔵横手に下りる事を決断。ヤギさんの写真を撮ってからかまど山へ行こうとしたら、線路の反対に戻らなければならなかったので住宅地のオリエンCPを取りに行く事に。貯水池の脇にあるのは取れたがもう一つを取ろうとして、さんざん迷う。この辺が地図読み能力の無さが露呈してしまう。迷わなければとうのす山CPも取れたかもしれない。

結局、住宅地は2ヶ所のみで打ち止め。あとはノンビリと巾着田までもどり、最後のアガキで2ヶ所のCPをとり終了。
お疲れ様でした。

高得点取るには、走るだけじゃなくて、ちゃんとコンパス使って地図読み憶えることが必須だよね。
だけど次のロゲまでにコンパス買うかって・・・・?
[PR]
by kurisuke64 | 2010-04-02 01:51 | 奥武蔵
ロゲ前日に奥武蔵でロード練習?!
3月27日(土)
 ここ2ヵ月は荒川に向けての平地でのロードがメインでした。
のでそろそろトレイルモード&奥武蔵モードの足を作り始めなければならないなぁと思いつつも、ハセツネ30Kの試走コースへ行くと翌日に疲れを残すだろうから、今日は奥武蔵のロードをちょこっとだけ走って来ました。

コース;鎌北湖~傘杉峠 往復
距離;25km
時間;2時間19分40秒

ここを走るのは昨年の11月7日以来。久し振りだと鎌北湖の激坂を上り、北向き地蔵までたどり着くのが非常に辛かったです。でもここまで16分弱なのでいつものペース。顔振峠までは1時間ちょっとで到着。まあまあかな。
c0162277_2044423.jpg
顔振峠では春の息吹を確実に感じました。しかし走っててそこそこ寒かったので、CW-Xの保温性長袖シャツの上にウィンドブレーカを着てちょうどいいぐらい。
明日もまだまだ寒そうだ・・・。

この時期、ランナーには出会わないだろうと思いましたが、復路で代々木RCのうりさん(もちろん伴走)と会いました。その他数名のランナーとすれ違い。明日はうって代わって賑やかになるでしょう。



家に帰ってみると、スポーツエイドから奥武蔵UMの案内が来てました。サイトではまだアップされてないので、まずは昨年の参加者に郵送されたと思います。名栗(エントリー済み)や、武甲山のレースは早めに定員になっているので、こちらも早急に申し込みを済ませなきゃいけませんね。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-03-27 20:59 | 奥武蔵