2012年 03月 03日 ( 1 )
156,000kmの満足
3月3日(土)
初年度登録が1995年3月3日だから今日でちょうど17年。走行距離は156,000kmを越えました。
c0162277_1415279.jpg

この車は2台目。最初に買った車は、91年秋にカローラのセダンを購入。LEVINがかっこ良くて魅かれたが、運転技術が未熟だったため、まずはセダンで練習。日常の道具として使う分には全く不都合は感じないものの、運転の面白さはゼロ。可もなく不可もなくといったところ。まぁ初心者ドライバーにはちょうど良かったかも?
3年半で60,000km走ったところで、シリーズのモデルチェンジの声が聞こえてきた。次は間違いなくコストダウンで今よりも質感が落ちることは明らか。

ということで、モデル末期&決算期を狙って、今の車を購入。つまりは同時期に設計されたカローラシリーズのセダンとクーペの両方を乗ったことになりました。バブル期の設計だけあって、どちらも内装は豪華。これが大衆車かというぐらいソフト素材をインパネにふんだんに使っていた。しかし性格はまるっきり別。LEVINはタイヤが地面に食い込むような感覚を感じさせてくれる。とにかく車に乗り込んでから、下りるまで車を操る満足感を与えてくれる。それが17年間続いていたと言っても過言ではないぐらい。だから10年経ったぐらいでほかの車に買い替えようと試乗しても、良い印象をほとんど持たなかった。

しかしながら、いくら世界に誇る日本の工業製品でも寿命は確実に訪れ、補修に費用がかさむようになってきた。電装関係は、毎年どこかしら壊れてくるし、トランクの水漏れはパッキンかえても直らない。最近は、リバースギアに入れても警報音が鳴ったり鳴らなかったりした。

さすがにもう十分すぎるぐらい活躍してくれたでしょうということで、
明日いよいよお別れをします・・・・・・・・。
c0162277_15502348.jpg

[PR]
by kurisuke64 | 2012-03-03 15:52 | LEVIN / IMPREZA