2009年 04月 11日 ( 1 )
暑い中、30kの試走。
今日は暑かったですね。最高気温が25度近くまで上昇したみたい。
そんな中、30kの試走をしてきました。
コースは和田峠の茶屋までは正規のルート、その後は醍醐丸のピークを踏み、以後は秋の本戦コースを逆走、広徳寺をゴールとしました。4時間20分かかりましたが水分を2リットルきっちりと消費。
もし来週も今日みたいでしたら、水分補給をしっかりやらないと脱水症状の危険あり。
主催者側でのエイドが全く無いというのは、ちょっと問題ですね。

さて今日の試走タイムです。
スタート~トレイルの入り口までは14分04秒
舗装路の上りですが、トレイルに入ってからの渋滞を避けるためには、ちょっとガマンして走り続けたほうがいいかもしれません。
トレイル入り口~入山峠までは24分
狭いトレイルなので、1000人も走ると無理な追い抜きは難しい。やはりスタート直後の10数分で、ある程度前の方にいた方がいいでしょう。
入山峠~T字路までは26分11秒
オクムのユガテの坂みたいな下り坂が続きます。スピードが出てしまいますが、この先に長い上りが控えてますので、調子に乗ってとばし過ぎたらあとで大変です。ここは控えめに行くべし。
T字路~和田峠の茶屋まで48分53秒
長い上りが続きます。ゆっくりでもいいから歩かないで走り続けたらこのタイムでした。とは言うものの、途中の何ヶ所かで立ち止まりましたけど・・・。試走ランナーを数名見かけましたがみな歩いてました。ここで走り続けられるかどうかが一つのポイントですね。あと水分をかなり消費しました。舗装路で且つ遮る物もあまり無いので、暑さがコタエました。尚、本番では茶屋までは行かずにトレイルへ取り付くみたいです。
和田峠茶屋~醍醐丸のピークまで18分38秒
本番では巻き道を使い、ピークは踏まない様ですが、まぁいいでしょう。
醍醐丸ピーク~市道山分岐までは27分45秒
ここからはお馴染みのコースを逆走。以外と走り難い印象をもちました。やはり順方向に走るのがいいなぁ。
市道分岐~入山峠まで53分31秒
走っている途中でハセツネ10kmポストを通過しました。時間はスタートからキッチリ3時間経過でした。ここを通過した辺りで足に疲労がたまってきたのを感じます。さしずめフルマラソンの30kmといったとこでしょうか。このあとは数回ピークを越えますが、結構ツライ。水分も残り少なくなってきますので、精神的に一番大変な場面ですね。入山峠手前の北沢峠はちょっとした上りですが、ここまで来ると軽快に走るのが難しい・・・。
入山峠~今熊神社まで29分23秒
神社までは下り基調。ようやく終わりが見えてきました。石段は走れる力が残ってたので、そこそこのペースで下ります。本番では金剛の滝に行くため、石段を下らない?みたいですけど・・・。
今熊神社~広徳寺まで17分45秒
変電所脇の自販機でペットボトルを購入。ハイドレの水が温かくなってたので、これはのどを潤します。変電所の舗装路を過ぎたら最後のトレイルを走ってゴール。
合計で4時間20分14秒でした。

まとめ
・とにかく最初のロードと和田峠までのロードがポイント。和田峠まではゆっくりでもいいから、歩かずに走る事。
・水分補給はこまめにしないと脱水症状の危険あり。2リットルは最低ライン。予備にペットボトルを1本持っていくか?悩みどころ。
・補給食はジェルタイプの方がいい。固形タイプだど水分を余計に消費する。
・10kmポスト以後でペースをどれだけ維持できるか、最後の詰め。

PS. 駅からスタート地点まで、地元のランナー(山ヤさん)と一緒でした。検索してもひっかからないので、ブログ名聞き違えたかな?コメントください。 → こちらの方でした
[PR]
by kurisuke64 | 2009-04-11 18:35 | ハセツネ