2008年 09月 03日 ( 1 )
試走日和その2(区間タイムなど)
31日(日)にやった試走の所感等を忘れないうちに記録。
①上川乗~浅間峠(35分)
 バス停を降りて浅間峠の登山道。ここはウォーミングアップを兼ねて早歩き程度のスピードで移動。同じバスから降りたランナーは合計5名。うち2名は都民の森まで行くらしい。
c0162277_2383628.jpgこの2人はもちろん本部ゴールを目指す。


②浅間峠~西原峠(1時間25分48秒)
 予想したよりも路面状態は悪くなかった。笹尾根あたりで水がたまってた箇所がいくつかある程度。だたし着地時に靴は泥だらけ、こういう時はGTX仕様のサロモンシューズが威力を発揮。連日のゲリラ豪雨の影響はさほど感じなかった。
③西原峠~三頭山(50分48秒)
 今年の課題の一つ、三頭山の登り。とにかくとばし過ぎないこと。登りは歩き、下りの部分でしっかり走るを忠実に守る。この日は気温が低いのが幸いしたが湿度高く、汗が大量に出た。山頂に着いたら3分弱の休憩&ゼリー(160kcal)の補給。休んでたらゆぅさんが追いついた。休憩無しで行ったのでそのまま先行された。
④三頭山~第2CP(57分09秒)
 山頂から鞘口峠までの急勾配は、どうしてもまだスピードを出して下れない。テクニックの無さが露見してしまう箇所である。
⑤第2CP~御前山(1時間03分11秒)
 今回の試走ではこの区間が一番困難を極めた。補給が不十分だったためか、スタミナ切れを起こす。ところどころゆっくりと歩きながら、大豆バー2本(100kcal×2)とゼリー1個(160kcal)を摂取する。これ以後は水だけでなんとかなった。第2CPで休憩と補給をすべきだった。御前山の山頂についたら5分弱休憩。ここで西原峠からきたランナー2名に追い抜かれる。
⑥御前山~大ダワ(37分06秒)
 2ヵ月前の試走では31.5分、32.5分だったので明らかに5分程度ペースダウン。この区間のように、足場の悪い下りでは調子の良し悪しが正直にタイムに反映されてくる。
 やっとのことで大ダワに近づくと何やら賑やかな雰囲気。先の2名とゆぅさんがinoxさんの私設エイドでまったりとしてました。
c0162277_074271.jpg
写真中央の2名が西原からゴールを目指したランナーです。

c0162277_0145880.jpginoxさんからコーラを頂きました。このお陰で後半は調子を取り戻せました。
⑦大ダワ~大岳山(40分)
この辺りからようやく本来の調子が戻ってきた。なだらかな登りや岩場の急登もさほど気にならなくなる。
⑧大岳山~第3CP(35分26秒)
 御岳山の手前の水場で500mlを補給。スタート時に2500ml持ち、ゴールまでにすべてを消費した。コーラを合わせると3500mlぐらい補給。
⑨第3CP~日の出山(23分15秒)
⑩日の出山~本部ゴール(1時間06分40秒)
 最後の金比羅尾根はいつも通りのスパートをかけることができた。金比羅山の手前(ゴールまであと3kmぐらい)では、峰さんの応援+コーラエイドを受けた。8時間切れるか否かの瀬戸際だったので、あまりゆっくりと出来ずに申し訳ない事をした。この区間は昼間なら安心してとばせるが、夜間にしっかりと走れるか?課題である。

終わってみれば、7時間57分34秒。大ダワから先をしっかりと走れたのが良かったのかも。

roadmanさんがこちらのブログを読んで、似たような試走計画を立ててるみたい。→http://wildside.exblog.jp/7451561/
7日の武蔵五日市~鞘口峠は現地でお会いできそうです。

第16回ハセツネまであと 6週間を切りました!
残り試走機会 4回
今年の試走実績 3回(146.4km)
[PR]
by kurisuke64 | 2008-09-03 01:00 | ハセツネ