全部試走の詳細
 9月14日(日)に全区間の試走をしたタイム等を記録しておきます。
今回のポイントは、スタートから走り続けた状態で、三頭山や御前山の登りをバテルことなく移動するペースをつかむこと。

朝7時ちょっと前に、五日市駅前をスタート。中学校前から計測を開始。

1)スタート~第一CP(3時間40分)
~今熊神社23分25秒
~入山峠36分22秒
~醍醐丸1時間23分9秒
~浅間峠1時間16分41秒
先週はコースアウトしたため、この区間を6時間もかけてしまいました。普通に走ればこのぐらいの時間で到着します。

2)第1CP~第2CP(4時間2分35秒)
浅間に到着後、休憩を5分46秒取ってからスタート。ここからはゴールまでは6月から数えて3回試走をしているので、毎度お馴染みのコースとなってます。
 ~西原峠1時間47分52秒  休憩4分20秒
しかしながら浅間まではある程度抑えて走ったつもりが、西原までにかなりのペースダウン、いつもより20分ちょっと余計にかかってしまいました。この時点で今日は全区間走り通せるだろうかとの不安がよぎり、しばし休憩取りながら鞘口峠で下りることも考え始めました。
すると小雨が降り出し、気温も低下してきたため、これならいけるかもしれないと思い、三頭山へ向かいました。
 ~三頭山51分42秒 休憩4分5秒
気温が低かったせいか、無理にペースを上げなければ三頭山の登りはさほどキツく感じませんでした。本番では夜間の走行なのでかなり走りやすいでしょう。
 ~鞘口峠20分21秒 休憩11分53秒
2.5リットル持ってきた水も三頭山で底をついたので、鞘口峠から少し下ったところにある湧き水で同量を給水。調子が悪かったらここで都民の森まで下山しリタイアするとこでした。
 ~第2CP 36分36秒
何とか今日の課題の半分は終了。あとは御前山の登りが控えてます。

3)第2CP~第3CP(3時間23分43秒)
 今日は天気も味方してくれたせいなのか、いつもは暑さでバテる惣岳山への登りもそれなりに快適でした。惣岳山からの分岐を過ぎた当たりから、雨が強くなりました。
 ~御前山 59分45秒
 これまでの試走タイムとほぼ同等の1時間弱で御前山山頂に到着。雨が強かったのですが、木々が雨よけになり、ずぶ濡れになる事は避けられました。ここで今日の課題は無事にクリア。気温が低いと走りやすさが格段に違います。
 ~大ダワ 40分17秒 休憩5分37秒
 大ダワまでの下りは雨の場合は特に足元注意で慎重に行きました。一方、長距離による疲労が出始めて、この区間から全体のペースが徐々にですが落ちて行きました。
 ~大岳山 45分16秒 休憩5分21秒
 ~第3CP 47分27秒
 快適に走れる区間が徐々に増えてうれしいところですが、足が思うように動かなくなりつつありました。御岳の分岐から先は、いつもならスピードを出せるところですが、敢えてゆっくりと走らざるを得ませんでした。
 水場で0.5リットルを補給。暗くなったので、いよいよジェントス309の登場です。 

4)第3CP~ゴール(2時間5分8秒)
 ここから先は完全なナイトラン練習。時刻は18時を回ってました。しかしハンドライト1本でかなりの明るさ。すれ違った一般客からは、その明るさに驚きの声が上がってました。
 ~日の出山 29分55秒 休憩6分
 ここでヘッドライトも装着。この先ゴールまでは1時間ちょっとでいけるとこであるが・・・・。
 ~ゴール 1時間29分13秒
 下りでは走れても、ちょっとした登りがあるとたちまちペースが落ちてしまう。
合計タイムは13時間11分11秒。去年の14時間1分よりは、いくぶん進歩してるみたい。

残りあと 3週間+α!
残り試走機会 2回
今年の試走実績 5回(237.5km)
[PR]
by kurisuke64 | 2008-09-17 01:51 | ハセツネ