GT-2140 New York-slim
本日(28日)、東京マラソンに出場された皆様お疲れ様でした。
応援レポの前に前回の日記の続編ということで、new shoesのインプレッションを記録しておきます。

今回、マカニ・トモさんの御好意によりGT2140 NY-Slimを活用させていただく事になりました。どうもありがとうございます。
現行発売モデルは2150ですので、新たに入手したシューズは2009年モデルです。
前回の日記ではウェーブライダー12を取り上げてたので、ASICS vs MIZUNO の代表的セーフティーモデル2009年版での両者の比較が出来る事となりました。

結論から言うと、NY-Slimのほうがホールド感がしっかりとしてて自分の足に合ってたみたいです\(^-^)/。

細かく見て行くと
①足幅→どちらも狭い作りをしており2Eワイズぐらいである。
②甲の高さ→どちらも低い。但し、ウェーブライダー12で気になったアッパー部分のユトリはNY-Slimでも同じ程度でした。
③かかとのホールド感→両者の違いがハッキリと出てるのはこの部分。NY-Slimではかかとを絞っているため、しっかりとしたホールド感を感じました。一方、ウェーブライダー12ではかかとのホールドをあまりタイトにしてないためか、シューズ内で足を安定させるためには、紐を締め付けて甲の部分で押さえ込む感じになります。アッパー部のユトリが気になったのはこの理由によると思います。

つまりは、かかとのホールドがしっかりとしていれば、アッパー部分(特に足の先端に近いところ)は多少のゆとりがあるほうがいい(足の指が比較的自由に動かせる)、という定石どおりの結果になりました。

以上のインプレッションはあくまで一個人の意見です。足型は個人差による部分が非常に大きく、特に筆者の足型は平均的な型から大きく外れております。今回の比較ではたまたま、ASICSに軍配が上がりましたが、かかとのホールド感が強すぎてむしろMIZUNOの方が良いと言う人もいるかと思います。
ウェーブライダー12は今後も練習用に活用して行きます。念のため。
[PR]
by kurisuke64 | 2010-02-28 21:22 | シューズ等ギア類