ようやくわが家もETC。
 この時期になってようやく取り付ける事となりました。無料化と言っても北海道や九州以外はまだ当分先になりそうだし、もうしばらくは1000円の恩恵を受けられるでしょうということで決断しました。

車の話になりますけど、今の愛車は95年の3月に購入。来年は丸15年で7回目の車検を通す予定です。エコカー減税とか新車購入補助とかありますけど百万単位の出費は確実ですし、今の車を手放してまで欲しい車があるかと言えば絶対にノーです。
 今乗ってるAE101系レビンは、あの有名なハチロクの2世代あとに作られたモデル(1991年~1995年)であり、バブル時に設計されただけあって、シリーズ中で最高傑作と言って良いほど豪華に作られてます。
また、スポーツ車としての「走る、曲がる、止まる」といった基本的な運動性能を必要十分に有しながら、日常用途としても非常に運転しやすい車です。基本性能がすぐれ、この車ほどスポーツ車+乗用車としてのバランスの取れた車は他にちょっと見当たらないでしょうね。

但し18年以上前に設計されたモデルだけあって、インパネの走行距離表示やエアコンの温度表示等は液晶デジタルではなくアナログ式、スピードメーターも自発光式ではありません。おまけにオーディオは今だにカセットプレーヤとFM/AMラジオのみ。もちろんCDやカーナビなどはありません。
乗り心地も良いとは言えません。今の車と違い、サスペンションが堅く、路面のちょっとした凹凸もダイレクトに伝わってきます。その代わりに、コーナリングではしっかりと踏ん張ってくれますし、タイヤの接地感を体全体で感じる事が出来ます。
逆に今の車に乗ったら、サスが柔らかくてグニャグニャしてて運転してても気持ち悪くなりそうです。
そして今はどの車も運転席からの視界、正直言って良くはありません。デザイン優先でサイドウィンドーの下端ラインが後方に向かって跳ね上がっており、車の周囲の死角がかなり大きくなってます。ガラスの面積も小さいし。レビンはそんな事ないですよ、車の周囲が良く見えるっとことは、安心して運転できます。(←最近出たステップワゴンでは、視界がかなり改善されてますね)

ということで走行距離も14万キロを越えてますけど、20万キロぐらいまでは活躍しそうです。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-10-28 00:29 | その他