ライトについて
 先日のナイトランにてみんなが使ってるミオXPがやたらと明るく感じた。一方、自分のヘッドライトはBlackDiamondのアイコンを使用したが、なんか暗いな~なんて思ってました。
気になったのでネットでいろいろとスペックを比較して見ると

・最大モードでの使用時間による照射距離の変化(カッコ内は初期との比率)
 ミオXP  初期72m→30分後59m(82%)→10時間後39m(54%)
 アイコン  初期80m→30分後61m(76%)→10時間後48m(60%)
照射距離からみるとアイコンの方が優れてます。光束はミオXPが85ルーメンに対してアイコンは記載無し。
暗く感じたのは電池が減っていただけなのか?ナイトランに使用するなら、10時間以上経過したら明るさが半分ぐらいに低下するので新しい電池に交換した方が良いのかも知れませんね。
→昨年、ハセツネで使ってから電池はそのままでしたので、明るさは半分以下に低下してました(笑)。

・重量はミオXPが175gに対して、アイコンは188g。共に単3電池3本込みの重さ、あまり変わらないね。一方、コストパフォーマンスが高いGENTOS HW-767Hは205gで単3電池1本分ぐらい上記2モデルよりも重い。明るさは150ルーメン。照射距離の変化は記載無し。

・値段はミオXPが9000円前後、アイコンが7770円、HW-767Hが安いところで3500円。

HW-767HやミオXPも魅力だけど、アイコンもそれなりのスペックだということがわかったので、今年も引き続きこれを使用。要所要所でGENTOS閃309が足元をしっかりと照らしてくれるので問題ないでしょう。ひょっとしたら閃309を1本追加して2本作戦で行こうかな?


・今年の全区間試走は 9月12日(土) 7:00~ 五日市駅スタートにて 実施します。
・10月11日の本番まで週末があと 6回 やってきます!
[PR]
by kurisuke64 | 2009-08-28 02:15 | トレイル