XTのその後・・・・。
 先日の日記にてインプレッションを書いたアディゼロXTですが、今日は薄手の靴下を履いて狭山湖までのアップダウンのあるロードを10.6km走ってみました。
結論から言うと、やはりサイズが小さかったみたいです。
普段、ロードシューズやトレイルシューズは25.5cmを履いています。今回のアディゼロも25.5cmを購入。

ロードを走ってみると、トレイルシューズとは思えないほど軽快に走れました。しかし着地をするたびにつま先がアッパーに当たりました。また、少しでも下りの傾斜があると、つま先が窮屈に感じてしまいました。アッパーの素材が柔らかいので、当たっていてもすぐに痛みは感じられませんでしたが1時間弱のロードでこのような状態でしたから、トレイルやロードの長距離はちょっと無理ですね。
サイズを0.5cm上げて26cmにすれば、印象はかなり違ってくるものと思われます。明らかなサイズ選定のミスでした。

ちなみに数年前、アシックスの3D足型測定機により自分の足を測定してもらったら、素足の実測で左24.9cm右24.7cmとほぼ25cmジャスト。
ただしワイズ(足幅)がJIS規格で左右ともC。日本人の平均的なワイズが2Eもしくは3Eに対して3~4ランク下です(C→D→E→2E→3E→4Eの順に足幅が広くなる)。
そして甲の高さも平均よりは極端に低いとなってます。

この測定データからするとアディゼロのような細身のタイプはジャストフィットするんじゃないかと思われますが、測定データで表われないポイントが一点あり。それは、つま先の厚みが意外にあるみたいです。ので今回もここで引っかかったようですね。

今まで履いたもしくは現在使用中のシューズはどんなだったかと言うと・・・・・
・New Balance
 25.5cmの2Eであればほぼ間違い無し。かかとの部分が狭く甲も低いのでしっかりとフィットしてくれる。つま先部分はかなりユトリがあるが、足が前にずれる事は無い。
・MIZUNO
 ウェーブライダーの8と9を履いている。全体的に細身であり、つま先部分も上述のNBよりも狭いが問題なし。過去3回の奥武蔵UMではウェーブライダー9を使用。ロードの勝負シューズとしてます。
・ASICS
 以前、GT2100シリーズを購入したが、幅が広すぎた。昔はターサーを履いていた事もあるが、ASICSは年々ラストの幅が広がってきたみたいなので、最近はあまりチェックしてない。
・montrail
 初めて買ったトレイルシューズがハードロック(07年モデル)でした。こちらも今思えば、実はつま先がきつかった。いつも親指が黒爪になってました。でも最近はラストが変わって幅広になってきたみたいです。
・SALOMON
 2番目に買ったトレイルシューズがXA PRO 3D XCR(08年)。つま先が広く、かかとや甲がしっかりとホールドされててフィット感が抜群でした。モデルとしては07年の継続。但し08年から出た他のモデルからつま先のプロテクションがしっかりしたためか、親指がアッパーに当たるようになってしまった・・・。
・VASQUE
 3番目に買ったのは旧モデルのブラー。幅が広いんですが、紐をしっかりと締めると足が安定します。グリップもいいので安心して履いてます。30Kや名栗U字でいずれも好タイムを記録。今年の本戦はほぼ間違いなくこれで行きます。
ただし、現行モデルのブラーSLは1サイズ下げて25cmでないとダメみたいなので、次の買い替えにはこれを選ぶかどうかは不明。

というとこです。

アディゼロXTの25.5cm どなたか知り合いでサイズの合う人おりますか?
まだ2回しか使ってません。
[PR]
by kurisuke64 | 2009-08-20 00:26 | トレイル