2009年の奥武蔵レポ(区間タイム等々)
ミ★ 
 今年の奥武蔵は飛ばしまくるということに挑戦。その結果、区間タイムは下記の通りでした(なおカッコ内は昨年のタイム)。
 0~5km  21分59秒 キロ4分23秒 (23分51秒)
 5~10km 24分09秒 キロ4分49秒 (25分58秒)
10~15km 21分37秒 キロ4分19秒 (22分56秒)
15~20km 27分10秒 キロ5分26秒 (28分44秒)
20~25km 27分19秒 キロ5分27秒 (29分49秒)
25~30km 28分47秒 キロ5分45秒 (31分52秒)
30~35km 33分08秒 キロ6分37秒 (35分11秒)
35~40km 32分00秒 キロ6分24秒 (32分36秒)
40~45km 30分18秒 キロ6分03秒 (??)
42.195km通過タイム 3時間49分53秒 (4時間05分10秒) 
45~50km 28分24秒 キロ5分40秒 (59分31秒)
50~55km 29分19秒 キロ5分51秒 (29分15秒
55~60km 29分44秒 キロ5分56秒 (29分15秒
60~65km 27分12秒 キロ5分26秒 (27分46秒)
65~70km 27分34秒 キロ5分30秒 (30分50秒)
70~75km 26分08秒 キロ5分13秒 (27分43秒)
75~77km 09分49秒 キロ4分54秒 (09分09秒
 0~77km 7時間04分36秒(7時間24分36秒)

最初の15kmはキロ4分台のハイペース。いずれはペースが落ちるから、出せるところで貯金を作っておく。
次の15~20kmからがレースの本番。鎌北湖からの激坂があるのでキロ4分台を維持するのは不可能。それでも何とかキロ5分台を維持しつつ30km地点まで到達。途中のユガテエイドでは、あんさんがボランティアとして忙しく働いてました。ので、こちらに気付かなかったもよう(・・;)。

さすがに30kmを越えたあたり(顔振峠)からは、これまでのツケが回ってきたらしくキロ6分台に減速。特に高山不動を過ぎ35kmを越えてからは足がケイレンを起こし始めた。急坂になると足が動かなくなり、途中で何度か立ち止まらざるを得なかった。それでも昨年の区間タイムよりは速かったのが救い。
飯盛峠、ぶな峠を越えてやっとの思いで刈場坂峠にたどり着くと、そこではEmilineさんがエイドにおりました。代々木RCの仲間が奥武蔵でエイドをやってるのを初めてみました。(実は折り返し点でももう一人おりました)

ここから先は、上り坂もゆるやかになり少しづつではあるがペースも戻ってきました。42.195kmの通過タイムは、前半の貯金が効いて3時間49分と4時間を下回ってました。大野峠の手前辺りで先頭ランナーとすれ違います。そのあとを追いかけるように(笑)リキさんが応援ランをしてました。昨年は刈場坂峠より手前での先頭ランナーとの遭遇でした。

折り返し点にたどり着くと、代々木RCのゆりさんがエイドでボランティアをしておられました。暑い時はここでのかき氷が非常に助かるのですが、さすがに寒いのでパス。

復路を走ってると、かどさんとすれ違います。こちらが先行してたんですね。50km過ぎの大野峠を越えたぐらいで追いついてきてしばらく並走します。その後は刈場坂のエイドで引き離されてしまいました。
この時点で雨による体温の低下で、寒さに体が震えておりました。おかげで50km~60kmの区間タイムは下り基調にもかかわらず、昨年のほうが速かったです。

高山不動を過ぎ、60kmを越える辺りから標高も低くなってきたため、寒さで震える事も無くなりました。
65kmを過ぎて阿寺から黒山エイドへの1kmの上り坂もペースを落とすことなく上りきり、いよいよ最大の難関ユガテの坂が待ち構えています。ペースもキロ5分台前半に戻りました。

ここは先ず1.9kmの長い下り坂を天文岩まで下りて、小規模な上りを2回繰り返してから約1kmのユガテの坂を上るといったコースになっております。ユガテの坂の手前にはエイドがあり、ここでしっかりと補給して坂に向かうのが通常です。しかしながら今回は思い切ってこのエイドをパス。キロ5分半のペースを崩したくなかったので勢いよく通過しました。
c0162277_23432526.jpg
(写真はあんさん提供・・・・・朝からエイドで飲みほーだい飲んだくれてた(笑)らしいですけど、さすがに手振れ無しとはしっかりと仕事してました。)
お陰でユガテの坂もペースが落ちずに上りきりました。

最後の7kmは時間との勝負。70kmを走ってきても下り坂だからキロ5分台前半でとばせる。、北向き地蔵を越えて鎌北湖への下り坂を走ってるとき6時間50分経過。しかしながらあと2.5km弱を10分で行くのはどうみても厳しい。
鎌北湖入り口の最終エイドをパスして最後の2kmは平地でありながらキロ4分台で疾走。

惜しくも7時間切りは出来ませんでしたが、結局7時間04分36秒でゴール。

過去3年で一番きつく感じたレースでした。

ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-08-05 22:48 | 奥武蔵