ゆるゆるのつもりだった奥武蔵練習会
c0162277_2333251.jpg

12日(日)は毎年恒例の代々木RC奥武蔵練習会でした。代々木RCのイベントは都内富士見坂巡り以来でして、このところすっかりご無沙汰してました。そして久しぶりに会うとちょっと変化してる方もおられました(笑)。

コースは例年通りに武蔵横手駅から五常の滝方面へ上って行き、グリーンラインに合流。コースを順方向にたどり、本番折り返し点を通過、10kmの激坂をを横瀬方面へ下り、武甲の湯まで37kmを5時間15分かけて走りました。
参加者は10名、そのうち半数が本番のレースにエントリーしてます。そして10名全員が下記のいずれかの経歴を少なくともひとつ持ってました。
・奥武蔵UM完走経験者
・ハセツネFinisher
・TJARな人
・裏TTR全コース完走した人
・ウルトラサブ10ランナー
・スパルタスロン完走者
・サブスリーランナー
・所沢8耐で64km以上

・・・・・・・・・・・・・となるとやはりユルユルとした練習会とはいきせんね(汗)。代々木RCっていったい何者って感じです。

当日は8時5分武蔵横手駅着の電車。車内には武蔵UMCの方々も乗り合わせておりました(のちにコース上でお会いします)。駅に到着すると本日同じルートをたどる別グループ(ランバディの人たちだって)があり、lisalisaさんや代々木RCのkutaさんは今日はこちらでした。

8時20分ぐらいにスタート。pancakeさんは1本先の電車にて先行。かどさんは鎌北湖経由であとから追いかけるとのことで8名で出発。
最初の上り坂は五常の滝をスルーしてしまい、いつの間にかグリーンラインへ合流。
集団走行を心がけて、payutaさんと2人で集団を引っ張りながら進む。北向き地蔵を過ぎて、ユガテの坂を下り、最初の上り下りが終わったぐらいでpancakeさんを捕獲。
c0162277_22352450.jpg


顔振峠では代々木RCらしく、早々と食事&休憩タイム。ここで駅で一緒だったランバディの集団に追いつかれました。今年から刈場坂峠の茶屋がなくなったため、ここでしっかりと水分の調達をしなければなりません。中には凍らせたペットボトルを購入した人もおります。

高山不動では、かどさんが追いついてきて10名全員が揃いました。ここが最後の補給ポイントと考えてましたが、2台ある自販機のうち1台は缶コーヒー以外すべて売り切れ!さらにはもう1台が破壊されており、使用不能。困ったものです。

関八州見張台付近を通過中に飯盛峠から戻ってくるS木さんを発見。しばし立ち話をしてると、ものすごい勢いでぴのさんがすっ飛ばしてきました。どうやら電車で乗り合わせた武蔵UMC集団の先頭を切っているみたいでした。

その後、飯盛峠、ぶな峠をすぎて更地になっている刈場坂峠に到着。そういえば、顔振峠で見かけたトレイルランナーが一人、こちらとほぼ同じペースでトレイルを進んでます。トレイルからロードに出るたびに、要所要所で出会いました。

大野峠の手前辺りから、payutaさんとかどさんがペースを上げ始めました。それまでは比較的ゆっくりと集団走に努めてましたが、そろそろペースを上げて行く事にします。
県民の森駐車場を越え、折り返し点を過ぎると残り10kmの下り坂。最初の5kmはかどさんとキロ4.5分ぐらいのハイペースで走ります。残りの5kmはさすがにペースがダウン。距離表示を見ながら走りましたが、ナカナカ数字が減りませんでしたね。

最後はお約束の武甲の湯に入り、ビールを片手に良い気分にひたれました。

さて、奥武蔵通いも3週連続となり、疲労も蓄積して来ました。来週の3連休が試走の最後の機会なのであまり無理せずに短い距離を往復してこようかな・・・・・・・。

8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 2回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 12回 もやってきます。
ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-07-13 08:05 | 奥武蔵