応援ありがとうございました!名栗U字連山(増補版)
c0162277_23265445.jpg
昨日は取り急ぎ結果のみ報告。今日は区間タイムその他所感について・・・。

ふり返って見ると、日曜日のレースは友人知人がスタッフ並びに応援に駆けつけてくれたり(毎度おなじみの姿での女将さんとか応援ランのリキさん)、信じられないような方々がエイドに回っていたとか・・・・参加する側としてはかなり贅沢なレースだったのではないかなっと思ったりする。ましてや標高1000m近い山の上に何ヶ所かエイドを設営してくれたりして、スポーツエイドならではと言ったところでした。
ちなみにこの人達は今回エイドに回ってくれました。
c0162277_035953.jpg
スタート前に辺りを見回すと、ゆぅさんの横にカメラを構えた何やら見覚えのある顔が・・・・・・・・
c0162277_01180.jpg
塾長、やはり来てくれましたか!

さて、肝心のレースはと言うと、これまた700人ぐらいの大人数だったので、いつものごとく前から2~3列目ぐらいに陣取ってスタート。
①河川広場~白谷沢入り口(23分51秒)
②白谷沢入り口~林道まで(22分40秒)
沢登りの終点ではこちらのお二人がカメラを構えて、苦しい顔したランナーを激写しまくりでした。
c0162277_016730.jpg
③林道~棒の峰~日向沢(1時間29分05秒)
沢登りが終わり林道へ出た後はこれまで試走したコースと違って、そのまま林道沿いを左方向に走っていきます。しばらくすると滝の平尾根のコースにぶつかり、ここから棒の峰を目指してトレイルに入っていきました。
棒の峰に到着すると、山頂に霧がかかっており、その霧の中に何やら変わったキノコが生えておりました(笑)。
c0162277_026934.jpg
どうもありがとうございます、説明は要りませんよね。

ところで棒の峰山頂にて設営されてたエイド、公式のではなくinoxさんの私設エイドだったんですね。気付きませんでした、どうもありがとうございます。inoxさんといえば昨年の9月にも大ダワにてコーラを頂いた事がありました。その時の試走レポがこちら

この区間で後ろから★野さんが抜いて行った。しばらく追いかけて行ったが、下りや平坦部は同じペースでついて行けた(長尾丸の巻き道あたり)にもかかわらず、上りが早くて追跡不可能。ついには日向沢への急上りが始まるといつの間にか姿が見えなくなってしまった(汗)。
 さらには鉄塔付近でハリ天さんにもgetされ、もちろんあっという間に視界から消えて行きました。
④日向沢~有間峠(14分40秒)
ここのエイドで休んでいると、かどさんが到着し、エイドによらずにそのまま通過。こちらはガス欠気味だったので、しっかりとエイドにて食料を補給。
この先は有間峠への狭くて滑りやすい下りのトレイルがあり、どろどろのヌカルミ状態。目の前を走ってた外人さんが何度か尻餅をつく。こういう所は無理に足を動かそうとせずに、すべるに任せた。
有間峠に着くと2時間30分ぐらいたった。予定よりも30分早い。かなりなハイペース。
⑤有間峠~タタラノ頭(18分19秒)
⑥タタラノ頭~橋小屋の頭(10分26秒)
有間峠から先は小刻みなアップダウンあり。前半のハイペースがたたり、登りでは足にケイレンが起きつつある。橋小屋の頭(有間山)山頂手前でリキさんに追い着かれる。
⑦橋小屋の頭~蕨山(13分53秒)
橋小屋の頭からは急斜面の下り。ここからようやく飛ばせる。っとリキさんに告げ、エンジン点火。グリップの良いブラーソールの助けを借りて、急斜面を一気に翔け下りる。幸いにして先行ランナーは、下りで躊躇しているひとが多く、上りで抜かれた分をあっという間に取り戻した。リキさんも置いていってしまいました。
⑧蕨山~ゴール(48分30秒)
後は勢いに乗って下るのみ。途中でゆぅさんのいるエイドに立ち寄り、しっかりと栄養補給。ラスト5kmの下りに備える。ぬかるんで足場が悪いにもかかわらず、ペースが落ちることなく軽快に下って行けました。
c0162277_1174539.jpg
まとめ
・3回試走したうち、2回は悪天候での試走だったため効果テキメン。
・下りでスピードが出せ、且つ安定した走りが出来た。転倒無し。
・ブラーソールのグリップの良さを認識
・下りに比べて、上りが相対的に弱くなっている。→今後、奥武蔵の試走で補強


8月2日の奥武蔵UMまで週末があと 8回  しかありません。
10月11日のハセツネまでは週末があと 18回 もやってきます。

今後の予定はこちら ミ★
[PR]
by kurisuke64 | 2009-06-02 00:22 | トレイル